結成から5年。STEPHENSMITHが野心とともに積み重ねた「実験」とは | Music DNA #24

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。24回目となる今回は昨年福岡から東京に拠点を移し、先日シングル3曲を連続配信リリースしたSTEPHENSMITH。3ピースのミニマルさと温故知新の音楽性を武器に、独自の世界を創り上げる彼らの「これまでとこれから」について話を伺いました。

身近な人に影響を受けながら音楽の世界へ

ー音楽にハマったきっかけをそれぞれ教えてください。

TARO:

最初に音楽にハマるきっかけになったのは、高校生のときに聴いたナンバーガールです。友達のウォークマンを借りて聴いていたときに、たまたま「透明少女」が流れてきて。最初のギターの音でビリビリッ!ときて、衝撃を受けました。そこからJ-Rockにハマりましたね。

バンドをやろうと決めたのは、大学の先輩たちがライブハウスで演奏しているのを観た時であまりにカッコよくて「俺も楽器頑張ろう!カッコよく演奏したい!」と思ったのがキッカケです。

OKI:

僕は中学1年生の時、通学途中のバスの中で友達とRADWIMPSの「有心論」を聴いて音楽に興味を持ちました。それからさらに音楽にハマっていったきっかけは、音楽好きの友達に教えてもらったアーティストのCDを大量にレンタルしてきて、一気にiPodに入れるっていうのが楽しくて。その中でもthe pillowsが大好きになって、ライブDVDなんかもずっと観てました。

楽器を始めたのは高校に入ったころで、周りの友達がみんな帰宅部になって、コピーバンドをやっていたんです。学祭で仲の良い友達が演奏しているのを見て、楽しそうだなあって。

CAKE:

小学校の時にORANGE RANGEが流行っていて、みんな好きだから自分も聴こうかな、という感じで聴き始めたのがいちばん最初ですね。本気で自分が好きな音楽と出会ったのは小学校6年生のとき。誕生日にB-DASHのアルバムを買ってもらって、音楽の面白さに気づきました。

それから少し経って、バンドをやっている父が斉藤和義の「あるいて帰ろう」を演奏していたのを観たのがきっかけで、斉藤和義が好きになったんです。音楽というものを理解しようと意識し始めたのがそのころで、家に父のギターがあったので自分でも弾くようになりました。

ー今の音楽性からは離れていますね。

CAKE:

今とのつながりで言うと、斉藤和義と同じくらいの時期に兄の影響で聴き始めたオアシスですかね。そこから洋楽にハマっていって、UKロックなんかをよく聴くようになりました。周りの友達も洋楽好きが多くて。McFlyなんかが青春ど真ん中ですね。

TARO:

レイボーンとかジミヘンとかは?

CAKE:

高校2年のときに、大学生だった兄が久々に実家に帰ってくるなり「これ観てみ」と言ってスティービーレイボーンのCouldn’t Stand The Weatherのライブ映像を観せてくれたんです。それがもう、めちゃくちゃカッコよくて。「なんじゃこりゃー!」って感じでしたね。そこからブルースを聴くようになりました。

それから、大学に入って友達に教えてもらったD’Angelloに衝撃を受けて、そこからR&Bにのめり込みました。結構いろんな音楽を聴いた末に、自分の目指す音楽に近いのはR&Bなんじゃないかなと思いましたね。

ーCAKEさん以外のお二人も同じような音楽を聴いていたのですか。

TARO:

いえ、完全にCAKEの影響です(笑)。CAKEとは大学のサークルが同じで、一緒にコピーバンドを組んだりもしたんですが、そこで演奏した曲も知らない曲ばかりだったり。CAKEに吹き込まれたものを聴いたり聴かなかったりしての今、という感じですね。

次ページ:実験を重ね、音楽で食っていくために東京へ

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

吉田コウ

フリーライター・編集者。朝と寒さに弱いです。

PHOTOGRAPHER

碧遥南

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

AUTHOR

Photographer

碧遥南

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

吉田コウ

フリーライター・編集者。朝と寒さに弱いです。

RELATED ARTICLE

Interview

自由大学sawakoさんから探る「DIYミュージック」。コミュニケーションから作る音楽とは?|Music DNA #006

Interview

クリエイティビティの原点は音楽。ディレクター石松豊が考える物の見方| Music DNA #009

Interview

蟻(キミノオルフェ)さん思い出の1曲「BUMP OF CHICKEN feat. HATSUNE MIKU/ray」|Music Episode #003

Interview

身近な憂鬱がテーマ。新鋭ファンクバンド・ディープファン君が新曲「Blue」MV&新アルバムについて語る

Interview

身内ロックスター目指すWalkings。走らず、泥臭く、友達の輪を広げる狙いとは | Music DNA#21

Interview

目指すは大人の青春!World Mapsが掲げる「マウンテン・ポップ」とは|Music DNA#014

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
左からOKI:Ba. Cho. / CAKE : Vo. Gt. / TARO : Dr. Cho.。STEPHEN SMITH(スティーブンスミス) 2013年結成。福岡を拠点に活動中のトリオバンド。 ブルース、R&B、AORなどルーツミュージックを現代 へ昇華した楽曲、スリーピースならではのミニマル な構成に反して厚みのあるサウンドによって 生バ ンドであることを強く意識したライブでこれまで多 くのバンドと対バン。過去にlucky tapes、踊ってば かりの国、おとぎ話、ROTH BART BARON、KONCOS 、 雨のパレード、LILILIMIT等との共演、2014,15年に は長野県で開催のりんご音楽祭へオーディションを 経て2度出演、2016年には福岡県開催CIRCLEへニ ューカマー枠初の出演。



閉じる