「自分を開放させる時代」に生きるTENDRE・河原太朗が音楽と向き合う姿勢 | Music DNA #33

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。33回目はソロプロジェクトTENDREとして1stアルバム『NOT IN ALMIGHTY』をリリースした河原太朗。3人組バンドampelのボーカル&ベースやマルチプレイヤーとして多彩な活躍を見せる彼の音楽ルーツとTENDREの表現について伺いました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

「活動のすべてにストーリーがあるべき」。citrusplusのクリエイティブへのこだわり。 | Music DNA #32

コスプレイヤーもアーティストも、みんな役者?MONICOが「世界観」を大事にする理由 |Music DNA#011

邦楽と洋楽をシームレスに聴く時代。音楽シーンのこれからについて|Music DNA #005

No More Dis!新進奇形HIP-HOP集団WHALE TALXが起こす新たな波|Music DNA#019

音楽で切り開いてきたあっこゴリラの人生とこれからの野望 | Music DNA #008

人工知能が見る海の夢?Utaeが追い求める「ロマン」とは | Music DNA #016

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

川口麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

AUTHOR

Photographer

後藤倫人

Writer

川口麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

RELATED ARTICLE

関連記事

自由大学sawakoさんから探る「DIYミュージック」。コミュニケーションから作る音楽とは?|Music DNA #006

自由大学の人気講義『DIYミュージック』で教授を務めながら、サウンドアーティストとしても活動をしているsawakoさん。芸術や音楽が常に身近にある環境で育ったsawakoさんの人生を振り返りながら、『DIYミュージック』を開講した経緯や、サウンドアーティストになったきっかけをお伺いしました。

人工知能が見る海の夢?Utaeが追い求める「ロマン」とは | Music DNA #016

それぞれの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。16回目の今回はドリームポップ、エレクトロニカといった国内の電子音楽シーンで注目されている宅録アーティストUtae。作曲家、モデルなど多方面で活躍している彼女の独特な世界観が生まれた背景や、これまでの音楽ライフに迫りました。

No More Dis!新進奇形HIP-HOP集団WHALE TALXが起こす新たな波|Music DNA#019

音楽ライフをディグるインタビュー企画『Music DNA』。19回目は“サンドウィッチを作る感覚で始めた新進奇形のHIP HOP”と自ら称するHIP-HOP集団・WHALE TALX。彼らのボーダレスかつピースフルでありながら、随所に感じるこだわりの源泉はなんなのか。楽曲のルーツを含めてお話を聞きました。

放課後ノリのファンクネス。ディープファン君が夢みる世界|Music DNA #007

編成・年齢など、いまいち素性がつかめないが、やたらオーセンティックなファンクサウンドで注目を集めるファンクバンド「ディープファン君」。<FUJI ROCK FESTIVAL ’17><りんご音楽祭>への出演など、その勢いは増すばかりだ。スルガアユム(Vo)、ユーセー(MPC、Beat making)、チャンサキ(Vo)がインタビューに登場。未だ謎の多い彼らの素顔とルーツに迫る!

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
ベースに加え、ギター、鍵盤やサックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。
Yogee New Waves、KANDYTOWN、sumikaなど様々なバンドやアーティストのレコーディングに参加する他、RyofuのEP『Blur』では共同プロデュースも務めるなど、その活動は多岐に渡る。
数年前よりソロでの楽曲制作を始め、昨年12月にTENDRE名義での6曲入りデビューEP『Red Focus』をリリース。
同作がタワーレコード“タワレコメン”、HMV“エイチオシ”、iTunes“NEW ARTIST”、スペースシャワーTV“it”に選ばれるなど、各方面より高い評価を獲得。
続いて、配信限定でリリースしたシングル『RIDE – SOFTLY』からのリード曲「RIDE」はJ-WAVE“TOKIO HOT 100”にて最高位12位を記録するなどスマッシュヒット。
デビューから僅か半年で熱い注目を集めている。

また、FUJI ROCK FESTIVAL、Sweet Love Shower、Sunset Liveなど国内の様々なフェスへの出演を果たした他、CHARAや、SOIL&”PIMP”SESSIONSのダブゾンビ、パスピエの露崎義邦、andropの前田恭介がそのライブ・パフォーマンスをSNS上で言及し話題となるなど、サポートメンバー4人を迎えたバンド編成でのライブの完成度も高い評価を集めている。

閉じる