「自分を開放させる時代」に生きるTENDRE・河原太朗が音楽と向き合う姿勢 | Music DNA #33

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。33回目はソロプロジェクトTENDREとして1stアルバム『NOT IN ALMIGHTY』をリリースした河原太朗。3人組バンドampelのボーカル&ベースやマルチプレイヤーとして多彩な活躍を見せる彼の音楽ルーツとTENDREの表現について伺いました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

固定観念に囚われない。DJ BUNNYが追求するオリジナリティ|Music DNA#010

23歳プロデューサー/ギタリスト・Shin Sakiuraが音楽から繋がった世界 | Music DNA #017

韓国と日本の音楽シーンを繋ぐYonYon。躍進を続ける彼女の葛藤とは|Music DNA #001

良いメロディーはジャンルレスに取り入れる。FOUR GET ME A NOTSのあくなき探究心|Music DNA #002

サプライズ精神全開。ザ・おめでたズが「祝いたい」理由 | Music DNA#20

自由大学sawakoさんから探る「DIYミュージック」。コミュニケーションから作る音楽とは?|Music DNA #006

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

AUTHOR

Photographer

後藤倫人

Writer

久野麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

RELATED ARTICLE

関連記事

Luby Sparks

廃れることのない、切なさと美しさを。Luby Sparksが 残していきたい音楽 | Music DNA #38

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。38回目は80、90年代の音楽に大 きな影響を受けたサウンドと世界観で多くの人を惹きつけるバンド、Luby Sparks。数々の海外アーティストの来日公演でフロント・アクトを務めているバンドの音楽、カルチャーの ルーツから目指す表現について、Natsuki (ba|vo) とErika (vo)に伺いました。

韓国と日本の音楽シーンを繋ぐYonYon。躍進を続ける彼女の葛藤とは|Music DNA #001

韓国のソウル生まれ東京育ちというバックグランドを持つYonYon。DJ、プロモーター、トラックメーカー、シンガーソングライターというマルチな活動が評価され、音楽シーンから注目を集めている彼女。現在は、ライターやラジオパーソナリティの他、海外アーティストを日本や韓国に繋げるためのブッキングエージェント「BRIDGE」のプロモーターとしての活動を本格化している。各国のカルチャーの架け橋となっている彼女の胸中を聞いてみました。

19歳のリアル。betcover!!・ヤナセジロウを突き動かす原動力とは | Music DNA#26

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。26回目は、昨年12月に1 st ep 「high school !! ep.」でデビューし、スペースシャワーTVにて一定期間ローテーションする企画「it!」に決定するなど、各方面から今後の活躍が注目されているbetcover!!のヤナセジロウ。 10代最後の年に彼が音楽に対してどんなことを思っているのかを聞きました

Yogee New Waves新AL『BLUEHARLEM』3月リリース 初回盤にツアー記録映像

Yogee New Wavesのニューアルバム『BLUEHARLEM』が3月20日にリリースされる。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
ベースに加え、ギター、鍵盤やサックスなども演奏するマルチプレイヤー、河原太朗のソロ・プロジェクト。
Yogee New Waves、KANDYTOWN、sumikaなど様々なバンドやアーティストのレコーディングに参加する他、RyofuのEP『Blur』では共同プロデュースも務めるなど、その活動は多岐に渡る。
数年前よりソロでの楽曲制作を始め、昨年12月にTENDRE名義での6曲入りデビューEP『Red Focus』をリリース。
同作がタワーレコード“タワレコメン”、HMV“エイチオシ”、iTunes“NEW ARTIST”、スペースシャワーTV“it”に選ばれるなど、各方面より高い評価を獲得。
続いて、配信限定でリリースしたシングル『RIDE – SOFTLY』からのリード曲「RIDE」はJ-WAVE“TOKIO HOT 100”にて最高位12位を記録するなどスマッシュヒット。
デビューから僅か半年で熱い注目を集めている。

また、FUJI ROCK FESTIVAL、Sweet Love Shower、Sunset Liveなど国内の様々なフェスへの出演を果たした他、CHARAや、SOIL&”PIMP”SESSIONSのダブゾンビ、パスピエの露崎義邦、andropの前田恭介がそのライブ・パフォーマンスをSNS上で言及し話題となるなど、サポートメンバー4人を迎えたバンド編成でのライブの完成度も高い評価を集めている。

閉じる