No More Dis!新進奇形HIP-HOP集団WHALE TALXが起こす新たな波|Music DNA#019

音楽ライフをディグるインタビュー企画『Music DNA』。19回目は“サンドウィッチを作る感覚で始めた新進奇形のHIP HOP”と自ら称するHIP-HOP集団・WHALE TALX。彼らのボーダレスかつピースフルでありながら、随所に感じるこだわりの源泉はなんなのか。楽曲のルーツを含めてお話を聞きました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

結成から5年。STEPHENSMITHが野心とともに積み重ねた「実験」とは | Music DNA #24

身内ロックスター目指すWalkings。走らず、泥臭く、友達の輪を広げる狙いとは | Music DNA#21

エレクトロもダンスも飲み込んで。オルタナティブであり続けるPeopleJamの可能性 | Music DNA#22

稀代の音楽家・小島裕規のクリエイティビティの源泉とYaffleとして目指す先とは | Music DNA #28

音楽と生きてきたMISTAKESの考える男の美学|Music DNA#013

時代に流されないメロディを。大比良瑞希の軌跡と挑戦 | Music DNA#15  

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

ヨシヤアツキ

確か学生。DIGLE MAGAZINE 編集部で企画編集とSNS始めました。有機と無機のごちゃごちゃな音楽を好んで聴きます。情熱あまりがちです。

Webサイト

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

AUTHOR

Photographer

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

ヨシヤアツキ

確か学生。DIGLE MAGAZINE 編集部で企画編集とSNS始めました。有機と無機のごちゃごちゃな音楽を好んで聴きます。情熱あまりがちです。

website

RELATED ARTICLE

関連記事

韓国と日本の音楽シーンを繋ぐYonYon。躍進を続ける彼女の葛藤とは|Music DNA #001

韓国のソウル生まれ東京育ちというバックグランドを持つYonYon。DJ、プロモーター、トラックメーカー、シンガーソングライターというマルチな活動が評価され、音楽シーンから注目を集めている彼女。現在は、ライターやラジオパーソナリティの他、海外アーティストを日本や韓国に繋げるためのブッキングエージェント「BRIDGE」のプロモーターとしての活動を本格化している。各国のカルチャーの架け橋となっている彼女の胸中を聞いてみました。

グランジ・ロックのその先へ。w.o.d.の類稀なるセンスの源泉| Music DNA #34

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。34回目は神戸発3ピースバンドw.o.d.(ダブリューオーディー)。NIRVANA 直系のグランジサウンドとポップセンスを兼ね備えた、新型オルタナサウンドを生むセンスはどこから生まれたのか。サイトウタクヤ(Vo&Gt)の音楽ルーツに迫りました。

エレクトロもダンスも飲み込んで。オルタナティブであり続けるPeopleJamの可能性 | Music DNA#22

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。22回目は台湾、タイ、韓国、カタルーニャ等の海外フェスへ出演した経験を持つ男女5人組バンドPeopleJam。さまざまな音楽的要素を飲み込んだエレクトロ・ファンクでフロアを沸かせてきた彼らの中からJIK(Vo,Synth)、 KAYCO(Dr)、AYANA(Gt)にバンドの成り立ちやそれぞれのルーツ、そして自分たちの音楽とどう向き合っているのかに迫りました。 L→R AYANA(Gt)/JIK(Vo,Synth)/KAYCO(Dr)

ravenknee

エレクトロサウンドの可能性を求めて。ravenkneeの挑戦 | Music DNA #37

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。37回目は東京を拠点に活動する5人組バンド、ravenknee。結成わずか1年足らずで<サマーソニック>に出演するなど、エレクトロサウンドを軸としたハイブリッドな楽曲で存在感を放つ彼らの音楽ルーツや現在のバンドの姿について、松本祥(Vo./Gt.)と安田照嘉(Ba.)に伺いました。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
閉じる