エレクトロもダンスも飲み込んで。オルタナティブであり続けるPeopleJamの可能性 | Music DNA#22

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。22回目は台湾、タイ、韓国、カタルーニャ等の海外フェスへ出演した経験を持つ男女5人組バンドPeopleJam。さまざまな音楽的要素を飲み込んだエレクトロ・ファンクでフロアを沸かせてきた彼らの中からJIK(Vo,Synth)、 KAYCO(Dr)、AYANA(Gt)にバンドの成り立ちやそれぞれのルーツ、そして自分たちの音楽とどう向き合っているのかに迫りました。 L→R AYANA(Gt)/JIK(Vo,Synth)/KAYCO(Dr)

試行錯誤を繰り返し現在のメンバーへ

ーバンドの結成は2005年ですが、当時はどんな音楽を聴いてましたか?

JIK:

元々、僕はロックが好きだったんですが当時はロックを離れ気味な頃で、ジャムバンドやソウル、ジャズ、ワールドミュージックなどを主に聴いてました。その頃ロックとして聴いてたのはPrimal Scream、LCD Soundsystem、The Raptureとかディスコ・パンクよりのエレクトロ要素の入ったバンドでしたね。

ージャム・バンドとかも盛り上がっていたころですよね。

JIK:

そうですね。ファンク、ジャム系をやりたくて、”人が集まるバンド”という意味を込めてPeopleJamというバンド名にしたんです。

ーバンド結成はどんなきっかけだったんですか?

JIK:

僕は下北のライブハウスで働き始めた初日、一番最初に出てきたバンドがかっこよすぎて「自分なんかがバンドなんてやっちゃダメだ」って打ちのめされてたんです。でも、それ以降同じくらい衝撃を受けるようなバンドは現れなかったんで「自分もやってもいいんじゃないか」と思い始めて。それでメンバー募集サイトで募集をかけてみたんです。

ー募集の際はどういうことを書いたんですか?

JIK:

その時はジャズとかファンクとかジャムバンド系にハマってたのでMedeski Martin & Woodっていうブルーノートのジャズバンドを上げてて、そこに反応してKAYCOが来たんです。

ーKAYCOさんは元々ジャズが好きだったんですか?

KAYCO:

大学を出てから音楽の専門学校に行っていて、そこでジャズとか色んな音楽を聞くようになったんです。その中でも特にメデスキが好きだったんですけど、たまたまメンバー募集サイトを見たらその名前があって。メデスキって書いてる人は珍しかったんで、ちょっと連絡してみようかなって思ったんです。

ー実際にバンドを始めてみてどうでしたか?

JIK:

その頃は自分たちの好きな音楽性のわりに表現力が足りなすぎて、ぐるぐる模索してる状態でした。

KAYCO:

集まってもやりたいことが上手く伝えることができなくて。だからメンバーも入れ変わっていって、ようやく今になって落ち着きましたね。それまでは試行錯誤の繰り返しでした。

JIK:

名前が一緒なだけでメンバーや音楽性、表現力も変わってきているから、実際はバンドが3つ、4つ変わっている感じですね。


背景の異なるそれぞれのルーツ

ーJIKさんは「ロックが好きだった」と言っていましたが、どんなアーティストを聴いていたんですか?

JIK:

一番最初に楽器をやりたいなと思ったきっかけはTHEE MICHELLE GUN ELEPHANTです。東京・横浜に出てきたのもミッシェルが見られるからって理由でした。
あとはRadioheadの『OK COMPUTER』が好きでよく聴いてたんですけど、その次の『Kid A』はあまりにエレクトロ過ぎて買わないで帰っちゃったんですよ。
でも、ちょっと時間をおいてから買ってみたら「めちゃめちゃいいじゃん!」ってびっくりして。逆にそこからエレクトロミュージックに傾倒していきましたね。Primal Screamも『XTRMNTR』を出したくらいだったんでそれもあって。

ーでは、RadioheadとPrimal Screamもかなり大きな影響を受けたバンドなんですね。

JIK:

そうですね、それを目当てにフジロックにも行き始めたら、ワールド・ミュージックにブラック・ミュージック、とにかく多くのいい音楽が溢れていて、それからジャンル問わず色んな音楽を聴くようになりました。

ーKAYCOさんはどうですか?

KAYCO:

私は布袋寅泰が好きでしたね。高校時代はビジュアル系とかが流行っていたのでその流れからマリリン・マンソンをやったりしてました。元々ヴォーカルだったんですけど、ドラムの奴が全然叩けなかったんで自分がやろうと思ってドラムを始めたんです(笑)。その後はバディ・リッチとかジャズを聴き始めたので、OASISとか90年台のUKロックは全然聴いてなくて。RadioheadもJIKと会う前までは聴いてなかったので、私の中のRadioheadは『Kid A』から始まってます。

ーAYANAさんはずっとギターを弾いてるんですか?

AYANA:

Red Hot Chili Peppersジョン・フルシアンテにすごく憧れてギターを弾いてました。でもバンド活動は全然やったことがなくて、初めて自分のギターを弾けたバンドがPeopleJamです。元々はパンクとかハードコアばっかり聴いていて、その後は気がついたら南米の音楽に目覚めちゃって南米の音楽ばっかり聴いてました。
PeopleJamとはDaft Punk65daysofstaticとかを聴き始めた頃に出会ったので「何このバンド?!」って最初はファンから始まったんです。

ーAYANAさん2017年に加入ですよね。

JIK:

AYANAとは2012年頃に観に行ったPファンクのライヴ会場で、偶然いた知り合いのベーシストを介して知り合ったんです。それから、2016年の終わりに前のギターが抜けることになって、それ以前にAYANAの音源を聴いたことがあって、結構弾ける人なんだなって思ってたんで紹介してくれたベーシストに「入ってくれないかな」って話をしてたら「実は向こうも入りたいって言ってるよ」って言われて(笑)。

ー実は両思いだったんですね(笑)。他のメンバーはどんな経緯でバンドに加入されたんですか?

JIK:

ベースのTHOMはメンバー募集サイトで知り合いました。彼も最初はエレクトロとかは聴いていなくて、元々はRed Hot Chili PeppersとかSonic Youthとかアメリカのオルタナを好んで聴いていたみたいです。
ギターのTOMMYは何回か対バンしたバンドのメンバーだったんですけど、ツイッターで募集をかけたら直ぐに反応してくれて。でも、彼がその時やってたバンドの担当はキーボードだったんです。ギター弾けるのかな?と思ったら実はギターの方が得意だったという。


ステージでの結果がすぐに返ってくる海外のステージ

ーこれまで様々な海外フェスに出演していますが、海外に行こうと思ったきっかけは何だったんでしょう?

JIK:

2007,8年頃にすごく仲良くしてたバンドが台湾に行き始めて「バンド生活に絶対いいフィードバックがあるから行ったほうがいい」って言われていたので、自分たちのアルバムが完成した時に今こそ行くべきタイミングだろうと思って台湾に行ったのが一番最初です。僕らが行ったのは2011年の震災の翌月だったんで、向こうでは会う人会う人に「日本頑張って!」って言葉をもらっていました。

ーバンドとしてはやはり行ってみていいフィードバックは得られましたか?

KAYCO:

最初に行ったのが野外フェスだったんですけど、そこは白人4割、台湾人6割くらいで、オーディエンスの反応が日本とは全然違って衝撃的でした。日本よりも単純に音楽を聴いてくれる印象でしたね。日本だと誰かが踊らないと踊らない傾向があると思うんですが、海外はいい音楽をやっていれば人が集まってくるので、自分のステージの結果が顕著に見られるんです。
でも、踊れる音楽ってその場だけで終わってしまっこともあって。ものすごく盛り上がるけどCDは売れない、とか。「盛り上がる=売れる」というわけでもないんですよね。

ーそういう時に今のストリーミングサービスは有効な手段になりそうですか?

JIK:

そうですね。海外ではCDは売れなくなってるんですけど、その代わり「Spotifyあるの?」って言ってくれたり、フライヤーを渡すとその場ですぐにSpotifyに登録してくる人達が多いんです。


自分たちの音を求めて柔軟に、カメレオンのように

ー「これまでは試行錯誤を繰り返していた」と言ってましたが、メンバーも安定して、求めてる音のイメージは見えてきましたか?

JIK:

時代的に音として進化していくものはビートが強いなと思っていて、ビートのデザインであったり、コード感のサウンドデザインも含めて、時代に合った音で作っていきたいとは思います。“あの頃”で止まっている音にはしたくないので。でも、流行りのサウンドを追いすぎずに、自分たちがやりたい、芯のある音を作りたいですね。その行く末は今のような踊れる曲にならないかもしれない。でも、どちらかと言うと僕らは“オルタナティブ・ロックがエレクトロやダンスを取り入れている”っていうスタンスなので、どこへでも柔軟に、カメレオン的にいけるようなバンドでいたいです。

KAYCO:

生演奏とかに拘る必要もないんで、もしかしたらレコーディングは全部打ち込みになるかもしれないし。時代に敏感になって柔軟に行きたいですね。あとはライブでのやり方、見せ方も考えていかないといけないと思ってます。

JIK:

去年からこの三人でクラブでもどこでもやれるような、エレドラとギターとシンセで「モバイルセット」っていう編成もやってるんです。PeopleJamとはまた別で、テクノとかインストの曲を作っているんで更にもう一バンド別でやっているような感じですね。

ー海外での活動はこれからも積極的にやっていく予定ですか?

JIK:

あまり日本と海外って考えないで、自分たちができる最大限の場所でやりたいと思っています。それがどこまで足を伸ばせるか。6月には香港のフェスに行ってきます。あとは今アルバムを作っていて、これがかなりいい作品になると思うので、たくさんの人に聴いてもらえるように広げていきたいです。

ー海外だけでなく、日本のフェスでのステージも観てみたいですね。

JIK:

どこへでも行くんでぜひ声をかけてください!

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

自由大学sawakoさんから探る「DIYミュージック」。コミュニケーションから作る音楽とは?|Music DNA #006

人工知能が見る海の夢?Utaeが追い求める「ロマン」とは | Music DNA #016

「活動のすべてにストーリーがあるべき」。citrusplusのクリエイティブへのこだわり。 | Music DNA #32

melraw

「知る人ぞ知るミュージシャン」からの脱却。音楽に取り憑かれたMELRAWが描くストーリー | Music DNA #29

Opus Innの過去への愛とそこから生まれる未来| Music DNA #27

固定観念に囚われない。DJ BUNNYが追求するオリジナリティ|Music DNA#010

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

川口麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

AUTHOR

Photographer

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

川口麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

RELATED ARTICLE

関連記事

USインディー/エモシーンと共鳴するバンド、Bearwearが映す若者の景色 | Music DNA#25

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。25回目はUSのインディ・ロック/ドリーム・ポップ/エモに影響を受けたサウンドを鳴らすバンド、Bearwear。彼らの音楽的ルーツからバンドの成り立ち、今後の活動への姿勢について伺いました。

19歳のリアル。betcover!!・ヤナセジロウを突き動かす原動力とは | Music DNA#26

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。26回目は、昨年12月に1 st ep 「high school !! ep.」でデビューし、スペースシャワーTVにて一定期間ローテーションする企画「it!」に決定するなど、各方面から今後の活躍が注目されているbetcover!!のヤナセジロウ。 10代最後の年に彼が音楽に対してどんなことを思っているのかを聞きました

結成から5年。STEPHENSMITHが野心とともに積み重ねた「実験」とは | Music DNA #24

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。24回目となる今回は昨年福岡から東京に拠点を移し、先日シングル3曲を連続配信リリースしたSTEPHENSMITH。3ピースのミニマルさと温故知新の音楽性を武器に、独自の世界を創り上げる彼らの「これまでとこれから」について話を伺いました。

放課後ノリのファンクネス。ディープファン君が夢みる世界|Music DNA #007

編成・年齢など、いまいち素性がつかめないが、やたらオーセンティックなファンクサウンドで注目を集めるファンクバンド「ディープファン君」。<FUJI ROCK FESTIVAL ’17><りんご音楽祭>への出演など、その勢いは増すばかりだ。スルガアユム(Vo)、ユーセー(MPC、Beat making)、チャンサキ(Vo)がインタビューに登場。未だ謎の多い彼らの素顔とルーツに迫る!

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
閉じる