良いメロディーはジャンルレスに取り入れる。FOUR GET ME A NOTSのあくなき探究心|Music DNA #002

結成から13年目を迎えたFOUR GET ME A NOTS。3ピースバンドとは思えない厚みのあるサウンド、男女ボーカルによるキャッチーなメロディーとストイックなコーラスワークで、多くのリスナーから支持されています。同バンドのVo&Ba石坪さんは、ジャンル問わず、あらゆる音楽に影響を受けてきたとのこと。詳しくお話を伺いました。 ーFOUR GET ME A NOTSー 千葉県を拠点に活動する3ピースバンド。メンバーは石坪 泰知(Vo&Ba)、高橋智恵(Vo&Gt)、阿部貴之(Vo&Dr)。男女の絶妙なボーカルの絡み合いやコーラスワークが特徴。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」、「SUMMER SONIC 2014」などの大型野外フェスに出演を果たし、2015年にはバンド初となるベストアルバム「FOLLOW THE TRACKS ‐The Best of 10years‐」をリリースしている。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

目指すは大人の青春!World Mapsが掲げる「マウンテン・ポップ」とは|Music DNA#014

melraw

「知る人ぞ知るミュージシャン」からの脱却。音楽に取り憑かれたMELRAWが描くストーリー | Music DNA #29

コスプレイヤーもアーティストも、みんな役者?MONICOが「世界観」を大事にする理由 |Music DNA#011

サプライズ精神全開。ザ・おめでたズが「祝いたい」理由 | Music DNA#20

音楽と生きてきたMISTAKESの考える男の美学|Music DNA#013

日本の音楽シーンを拡張する国際派ヒップホップ・クルーCIRRRCLEのダイバーシティ | Music DNA #30

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

Webサイト

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

AUTHOR

Photographer

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

website

RELATED ARTICLE

関連記事

固定観念に囚われない。DJ BUNNYが追求するオリジナリティ|Music DNA#010

それぞれの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。10回目はDJ BUNNYさんの登場です。18歳の時に都内で毎回動員数約 1000 人を集める " 禁酒禁煙ティーンパーティ "<Cloud9> を主催し、現在も数々のイベントを成功させている。彼の意外な音楽のルーツや、今後のDJの在り方についてお伺いしました。

「活動のすべてにストーリーがあるべき」。citrusplusのクリエイティブへのこだわり。 | Music DNA #32

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。32回目は2017年結成のフューチャーポップユニットcitrusplus。アパレルブランド/ショップやクリエイターとのコラボ企画など、「Fashion×Music」をテーマに新しい試みを次々に仕掛けている彼らの音楽ルーツについて話を伺いました。

エレクトロもダンスも飲み込んで。オルタナティブであり続けるPeopleJamの可能性 | Music DNA#22

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。22回目は台湾、タイ、韓国、カタルーニャ等の海外フェスへ出演した経験を持つ男女5人組バンドPeopleJam。さまざまな音楽的要素を飲み込んだエレクトロ・ファンクでフロアを沸かせてきた彼らの中からJIK(Vo,Synth)、 KAYCO(Dr)、AYANA(Gt)にバンドの成り立ちやそれぞれのルーツ、そして自分たちの音楽とどう向き合っているのかに迫りました。 L→R AYANA(Gt)/JIK(Vo,Synth)/KAYCO(Dr)

邦楽と洋楽をシームレスに聴く時代。音楽シーンのこれからについて|Music DNA #005

今、若い世代と音楽との関係が大きく変化しているという。今回取材を行なったのは、TumblrやSNSを通して、インディーズバンドについての情報を発信している鈴木さん。ライブレポートやインタビュー、海外バンドのツアーサポートといった多岐に渡る活動の中で彼が感じたこととは?

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
2004年結成。女性を擁する凡百のバンドとは一線を画す圧倒的なライブパフォーマンスと、石坪(Vo.Ba.)と高橋(Vo.Gt.)の男女の絶妙な声の絡み合い、それを勢いづける阿部(Dr.Vo.)のコーラスワークが特徴。
閉じる