良いメロディーはジャンルレスに取り入れる。FOUR GET ME A NOTSのあくなき探究心|Music DNA #002

結成から13年目を迎えたFOUR GET ME A NOTS。3ピースバンドとは思えない厚みのあるサウンド、男女ボーカルによるキャッチーなメロディーとストイックなコーラスワークで、多くのリスナーから支持されています。同バンドのVo&Ba石坪さんは、ジャンル問わず、あらゆる音楽に影響を受けてきたとのこと。詳しくお話を伺いました。 ーFOUR GET ME A NOTSー 千葉県を拠点に活動する3ピースバンド。メンバーは石坪 泰知(Vo&Ba)、高橋智恵(Vo&Gt)、阿部貴之(Vo&Dr)。男女の絶妙なボーカルの絡み合いやコーラスワークが特徴。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」、「SUMMER SONIC 2014」などの大型野外フェスに出演を果たし、2015年にはバンド初となるベストアルバム「FOLLOW THE TRACKS ‐The Best of 10years‐」をリリースしている。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

放課後ノリのファンクネス。ディープファン君が夢みる世界|Music DNA #007

グランジ・ロックのその先へ。w.o.d.の類稀なるセンスの源泉| Music DNA #34

固定観念に囚われない。DJ BUNNYが追求するオリジナリティ|Music DNA#010

「自分を開放させる時代」に生きるTENDRE・河原太朗が音楽と向き合う姿勢 | Music DNA #33

Opus Innの過去への愛とそこから生まれる未来| Music DNA #27

エレクトロもダンスも飲み込んで。オルタナティブであり続けるPeopleJamの可能性 | Music DNA#22

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

Webサイト

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

AUTHOR

Photographer

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

website

RELATED ARTICLE

関連記事

グランジ・ロックのその先へ。w.o.d.の類稀なるセンスの源泉| Music DNA #34

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。34回目は神戸発3ピースバンドw.o.d.(ダブリューオーディー)。NIRVANA 直系のグランジサウンドとポップセンスを兼ね備えた、新型オルタナサウンドを生むセンスはどこから生まれたのか。サイトウタクヤ(Vo&Gt)の音楽ルーツに迫りました。

No More Dis!新進奇形HIP-HOP集団WHALE TALXが起こす新たな波|Music DNA#019

音楽ライフをディグるインタビュー企画『Music DNA』。19回目は“サンドウィッチを作る感覚で始めた新進奇形のHIP HOP”と自ら称するHIP-HOP集団・WHALE TALX。彼らのボーダレスかつピースフルでありながら、随所に感じるこだわりの源泉はなんなのか。楽曲のルーツを含めてお話を聞きました。

エレクトロもダンスも飲み込んで。オルタナティブであり続けるPeopleJamの可能性 | Music DNA#22

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。22回目は台湾、タイ、韓国、カタルーニャ等の海外フェスへ出演した経験を持つ男女5人組バンドPeopleJam。さまざまな音楽的要素を飲み込んだエレクトロ・ファンクでフロアを沸かせてきた彼らの中からJIK(Vo,Synth)、 KAYCO(Dr)、AYANA(Gt)にバンドの成り立ちやそれぞれのルーツ、そして自分たちの音楽とどう向き合っているのかに迫りました。 L→R AYANA(Gt)/JIK(Vo,Synth)/KAYCO(Dr)

USインディー/エモシーンと共鳴するバンド、Bearwearが映す若者の景色 | Music DNA#25

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。25回目はUSのインディ・ロック/ドリーム・ポップ/エモに影響を受けたサウンドを鳴らすバンド、Bearwear。彼らの音楽的ルーツからバンドの成り立ち、今後の活動への姿勢について伺いました。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
2004年結成。女性を擁する凡百のバンドとは一線を画す圧倒的なライブパフォーマンスと、石坪(Vo.Ba.)と高橋(Vo.Gt.)の男女の絶妙な声の絡み合い、それを勢いづける阿部(Dr.Vo.)のコーラスワークが特徴。
閉じる