バラとハーブの森ガーデンが教える、音楽を味わう楽しさ

bigup

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

BIG UP! ユーザーの中から、今聴きたいアーティストをピックアップ!今回はバラとハーブの森ガーデンをご紹介します。

普遍的な強さが魅せる

小中校の同級生で構成され葛飾区を中心に活動する4人組バンド、バラとハーブの森ガーデン。哀愁ある歌声と渋いサウンドは、彼らが2000年生まれであることを疑いたくなるほどである。

昨今ではストリーミングで再生されることを想定し、コンパクトな曲作りを行うアーティストも少なくないが、バラとハーブの森ガーデンはその真逆を堂々と歩いていく。何度も繰り返される歌詞やフレーズ、奇をてらわぬ楽曲構成は、自ずと音楽を“味わう”楽しさへと引きずりこんでいくのだ。
レゲエやネオアコースティック、シューゲイザーなどの影響を感じさせる楽曲たちは、もしかしたら今の流行ではないのかもしれない。しかしながら、リアルタイムを追っていないからこそ、時代に左右されない普遍的な強さがある。

先日配信が開始された『灯りの横顔』は、彼らにとって初となるフルアルバム。音楽を作業のように聴くことが多い人にこそ、出会ってほしい作品だ。




バラとハーブの森ガーデン

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる