Newspeakが歌う自由への渇望『No Man’s Empire』|BIG UP! Stars #21

BIG UP! Stars

文: 黒田 隆太朗  写:後藤倫人 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第21回目はNewspeakが登場。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

後藤倫人

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

華麗なる才能ermhoi。幼少から今に至るまでキャリアを語り尽くす | Newave Japan #48

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

2017 年にRei、Ryoya、Yohey 、Steven により東京で結成された4 人組ロック・バンド。
同年6 月に会場限定としてリリースした1st EP『What We Wanted』は発売から4 ヵ月で完売、11 月には2nd EP『July』をリリース。
結成初年度ながらサマーソニック2017、マグロック2017 といった大型フェスティバルへも出演。
翌年には、MANDO DIAO、The Fratellis の東京公演にてサポートアクトも務めたほか、音楽ストリーミングサービス「AWA」のCM ソングへの起用、サマーソニック2018、マグロック&フジソニック、SUNSET LIVE、SYNCHRONICITY、CONNECT 歌舞伎町、Shimokitazawa SOUNDCRUISING、IMAIKE GO NOW、SAKAE SP-RING 等、多数のフェスやサーキットフェスでその存在感を示す。
また、同年10 月にはバンド初となるミニ・アルバム『Out Of The Shrinking Habitat』をリリース。
そして、2019 年 3 月渋谷WWW にて、結成 2 周年 &会場限定 3rd EP『 Maybe Youʼ re So Right, Gonna Get My Shotgun』のリリースを記念したワンマンライブを敢行しソールドアウト。
その後、盟友Survive Said The Prophet の47 都道府県ツアー「Now more than ever Tour」にゲストアクトとして全行程帯同。音楽制作のみならず、ライブバンドとしてもその魅力と確かな実力を兼ね備え、日々更に成長し続けている。2017 年にRei、Ryoya、Yohey 、Steven により東京で結成された4 人組ロック・バンド。
同年6 月に会場限定としてリリースした1st EP『What We Wanted』は発売から4 ヵ月で完売、11 月には2nd EP『July』をリリース。
結成初年度ながらサマーソニック2017、マグロック2017 といった大型フェスティバルへも出演。
翌年には、MANDO DIAO、The Fratellis の東京公演にてサポートアクトも務めたほか、音楽ストリーミングサービス「AWA」のCM ソングへの起用、サマーソニック2018、マグロック&フジソニック、SUNSET LIVE、SYNCHRONICITY、CONNECT 歌舞伎町、Shimokitazawa SOUNDCRUISING、IMAIKE GO NOW、SAKAE SP-RING 等、多数のフェスやサーキットフェスでその存在感を示す。
また、同年10 月にはバンド初となるミニ・アルバム『Out Of The Shrinking Habitat』をリリース。
そして、2019 年 3 月渋谷WWW にて、結成 2 周年 &会場限定 3rd EP『 Maybe Youʼ re So Right, Gonna Get My Shotgun』のリリースを記念したワンマンライブを敢行しソールドアウト。
その後、盟友Survive Said The Prophet の47 都道府県ツアー「Now more than ever Tour」にゲストアクトとして全行程帯同。音楽制作のみならず、ライブバンドとしてもその魅力と確かな実力を兼ね備え、日々更に成長し続けている。
閉じる