長く愛される作品を。TWEEDEESが語る音楽との向き合い方|Bitfan Crossing #02

Bitfan Crossing

文: 天野史彬  写:遥南 碧  編:久野麻衣

DIGLE MAGAZINEとオールインワン型ファンメディア『Bitfan』が送る、“アーティスト活動”にフォーカスしたインタビュー企画。アーティスト選曲のプレイリストと共に、これまでの道のりやファンとの関係について掘り下げます。今回はシンガー清浦夏実と沖井礼二(ex-Cymbals)によるバンド、TWEEDEESが登場。

Cymbalsのコンポーザーであった沖井礼二と、ソロシンガーとして活動していた清浦夏実によって結成されたTWEEDEES。2015年の1stアルバム『The Sound Sounds.』以降、彼らにとっての「ポップス」の真理を追求するかのような作品をリリースし続けている彼らに、今回、「TWEEDEESが時代を超えて愛するアーティスト」というお題でプレイリストを作ってもらった。

そこに並んだ、バンド、シンガーソングライター、映画音楽……様々な種類のグッドミュージックたちは、サウンドの指向性こそバラバラなものの、TWEEDEESの音楽と強いつながりを感じさせるものばかりだ。そんなプレイリストを紐解きつつ、ふたりの活動を振り返りながら、彼らが一体なににロマンを感じ、どんな眼差しを音楽に込め続けているのか、じっくり語ってもらった。

理想の音楽を求めて

-今日は「TWEEDEESが時代を超えて愛するアーティスト」というテーマでプレイリストを作っていただきましたが、どの曲もTWEEDEESの音楽と強く紐づいていることを感じさせる曲たちですね。

M1~5 Selected by 沖井、M6~9&Spotify配信楽曲以外から「キミとボク」鈴木蘭々 Selected By 清浦

インタビュイー画像

沖井:

TWEEDEESの出汁、という感じのプレイリストですね、これは(笑)。
インタビュイー画像

清浦:

沖井さんが選んだ曲も、私が選んだ曲も、長くずっと好きであろう曲だなって思います。お爺ちゃんになってもお婆ちゃんになっても、好きな気持ちはきっと変わらないもの、というか。

-選曲を見て改めて思うのは、例えば最新の機材や流行りのサウンドを取り入れることに重きを置くのではなく、おふたりが人生において何を美しいと思い、ロマンを感じたのか? ということが音楽になるのがTWEEDEESなんだな、ということでした。

インタビュイー画像

沖井:

時代と共に更新されるものや、世の中の空気は音に反映されるし、そういう部分も大事なんですけどね。でも、そっちに足をすくわれることのほうが、僕はイヤなんです。もちろん、使う機材は変わっていくだろうし、街やネットから自然と入ってくる影響もあるだろうし、新しいものを探すのも楽しいです。でも、「TWEEDEESの出汁」となると、こういう音楽になってきますね。

-「自分が作る曲が何年先まで残るのか?」ということは、音楽を作るうえで意識されますか?

インタビュイー画像

沖井:

昔からずっと、僕にとってはそれが一番大事なことです。とにかく消費期限、賞味期限の長い音楽を作りたい。20年経っても30年経っても、変わらず飽きずに聴いてもらいたいし、そのときの10代、20代が「これいいじゃん」と聴いてくれるものを作れたらいいなと思っています。よく、「幻の名曲」とか、「隠れた名曲」と言われるものがあるじゃないですか。僕は、あれって実は名曲ではないんじゃないか? と思うんですよ(笑)。

-なるほど(笑)。

インタビュイー画像

沖井:

そのときに物珍しくて話題になるだけで、本当にきちんとした名曲は、そういう廃れ方はしないと思う。もちろん、よくできた音楽でも、当時のプロモーション体制と合わなかったりして、世に出なくなってしまうものもありますけどね、シュガー・ベイブの1stアルバムのような。でも、ほとんどの場合はそうではないと思うんです。今回のプレイリストでも、僕の選曲で奇をてらったものは1曲もないと思います。もちろん、レコードをたくさん掘って、誰も知らない名曲を探し出すことも美しい行為ですけど、レアなレコードを持っているけど、ビートルズを聴いたことがない人もいますよね。僕には、「まず、ビートルズストーンズを聴いてからでしょ」っていう感覚が、昔からずっとあるんです。

-今回、沖井さんのプレイリストにもストーンズが入っていますけど、「Connection」という選曲自体は、意外な感じもしました。

インタビュイー画像

沖井:

ストーンズを最近、まとめて聴き直したんですけど、今一番引っ掛かったのがこの曲だったんです。最近、すごくストーンズがしっくりくるんですよね。なんでだろう……コロナのせいかなぁ。あの、甘えていない感じ。タフじゃないですか、ストーンズは。うんざりしていそうでもあるけど、タフで、独り立ちしている。そういうところが、いまの気分にピッタリとハマったんですよね。

-今日はプレイリストと共におふたりの活動についても掘り下げたく。かなり抜本的な質問ですが、おふたりが何故、音楽の道を選んだのか? という話を伺いたいんです。まず、沖井さんはどうですか?

インタビュイー画像

沖井:

そもそも、僕は努力というものが嫌いでして(笑)。仕事って人生で一番、時間や自分自身を費やすものじゃないですか。僕が知っている範囲で唯一、努力や苦労が苦痛にならないものが音楽だったんですよね。当時、大学もろくに行かずにバンドばっかりやっていて、単位も全然取っていなかったんです。「じゃあ、大学を辞めて、唯一努力ができる音楽をやろう」と。一族郎党には「あなたには才能がないんだから」と反対されましたけど、才能がなくても努力ができるならいいじゃないですか。なので、わかりやすい理由ですよ。これしかできなかったんです。

-それから20年以上、音楽の世界で生きてきたことに達成感のようなものはありますか?

インタビュイー画像

沖井:

僕は達成感を得るほどの成功は収めていないですよ。まぁ、自分の好きなもので食っていけていることは、単純に幸せですけどね。ただ、自分が作った曲のことはいまだに全部好きだし、聴き返すけど、自分が完全に満足する曲は作れていない気がする。なので、それを作らなきゃ死ねないな、とも思っています。そういう意味でも、達成感を味わっていないかな。いつか、理想の音楽を自分の手で作ってみたい……これは物欲だと思うんですけど。

-清浦さんが音楽の道を志したきっかけは?

インタビュイー画像

清浦:

私は元々子役のようなことをやっていて、17歳の頃に〈フライングドッグ〉というレーベルからCDデビューしたんですけど、そこでアニメ主題歌を歌うことが、私が音楽に向き合った最初の経験だったんです。その活動も面白かったし、ボーカルや作詞の面で、アニメ作品との親和性を高めていくことにやりがいも感じていたけど、やっていくうちに、音楽のことをもっと知りたいと思うようになったし、与えられた材料で料理を作るだけではなくて、自分で畑から作ってみたくなってきたんです。そういう意識が芽生えたときに、「私は、自分がやりたいことしかやりたくない人間なんだ」と気がついて(笑)。そんなときに、沖井さんと出会ったんですよね。21歳の頃です。

-そして、TWEEDEESが結成される。

インタビュイー画像

清浦:

そうなんです。私も沖井さん同様に、自分がやりたいこと、自分が叶えたいことなら頑張れるタイプのワガママな人間なんだろうなと思います。ただ、そう思いつつ、もう14年ほど歌を歌っていますけど、「どうやったら自信は生まれるんだろう?」とも思い続けているんですよね。別々の気持ちがあるんです。やりたいことしかやりたくないけど、全然、自信がついていかない……。
インタビュイー画像

沖井:

自信満々でも、自分を見誤るだけだからね。自分がやっていることに愛情や愛着を抱くことはあっても、「これで俺は世界一だ!」となってしまったら、それはそれでもうお終いな気がするよ。
インタビュイー画像

清浦:

うん……ずっとこう思い続けるのかなっていう気が今はしています(笑)。
インタビュイー画像

沖井:

そういう人生なんだよ。満足しないんだよ、我々は。
次ページ:作家活動とバンドの関係性

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

清浦夏実と沖井礼二によるポップ・グループ。2015年結成。2015年3月18日、日本コロムビアより1st Album「The Sound Sounds.」 リリース。ミュージックマガジン誌レビューでは10点満点、2015年年間ベストアルバム歌謡・J-POP部門では8位にランクインと高評価を得る。11月3日 1st Single「Winter’s Day」TOWER RECORDよりアナログ盤7インチ、日本コロムビアより配信でリリース。2016年7月20日、日本コロムビアよりセカンドアルバム「The Second Time Around」リリース。2017年4月よりNHK Eテレ「おじゃる丸」のエンディングテーマを担当しこの楽曲を収録したミニアルバム「à la mode」を同年6月21日リリース。2018年10月3rd ALBUM「DELICIOUS.」リリース。高い音楽性とファッション性を持ちつつ等身大のフレンドリーなキャラクターで臨むステージングのライブにも定評がある。様々な面でポップス/ロックの「王道」を貫くTWEEDEESは世代を超えて時代の潮目となりつつある。
閉じる