ビリー・アイリッシュ「Therefore I Am 」MVメイキング映像を公開!ビリーのコメントと共に解説

News

文: 秦 麗奈 

昨年発売された、ビリー・アイリッシュ「Therefore I Am(ゼアフォー・アイ・アム/ゆえに我あり)」のMVメイキング映像が公開され、ビリー・アイリッシュのコメントと共に解説されている。

ビリー・アイリッシュが2020年11月13日にリリースした「Therefore I Am(ゼアフォー・アイ・アム/ゆえに我あり)」のメイキング映像が公開された。

ビデオの舞台裏ストーリーを紐解いたメイキング映像『The Making of ‘Therefore I Am’ | Vevo Footnotes』では、ショッピング・モールで撮影されることとなった経緯や作品にまつわる裏話を、ビリーのコメントとともに解説されている。


映像和訳

「Therefore I Am」のビデオは、2020年11月にリリースされました。 楽曲のタイトルは、フランス人哲学者であるルネ・デカルトからの有名な引用「I think, therefore, I am(我思う、ゆえに我あり)」からきています。同曲はビリーの兄フィネアスによってプロデュースされ、ビリーとともに共同で作詞・作曲が行われました。 2人はこの曲を自宅隔離中にレコーディングしましたが、作詞の過程は2020年1月から始まっていたのです。

「私達は、色んな方法で曲作りをしている。ピアノやギター、ウクレレから始まることもあれば、曲のメロディーや歌詞から始まることもあって、ビートとかそういうものから始まる場合もあるの。時間をかけて良いものを作っていくだけ。この曲はこういう気持ちになったから。」ーービリー・アイリッシュ

ビリーは同曲の監督を務めていますが、彼女にとって、自身のミュージック・ビデオの監督を務めるのは、これが初めてではありません。楽曲「Everything I Wanted」と「Xanny」のビデオのビジュアルも彼女が手掛けました。彼女がプレッツェルを盗み食いするシーンでは、実はそれを直接口にはしていません。1日中ショーケースの中にあったものなので、食べるのには古くなりすぎていました。

このビデオは、ロサンゼルスのショッピング・モール「グレンデール・ガレリア」で、一晩かけて撮影されました。 撮影のアイディアは、ビリーと彼女のマネージャーが、ドライブスルーのスターバックスを訪れた際に思いついたものだったのです。

「この曲に本当にふさわしいビデオとはどんなものなのか、1日中かけて考えたけど、誰も全く思いつかなくて。いつもなら私が曲について考える時、すぐに頭の中にイメージが沸くんだけどね。でもどういうわけか、この曲のビジュアルが思いつかなかった。それで私達は丸1日かけて、頭を悩ませていたわけ。それでスターバックスで待っている時に、マネージャーと『ショッピング・モールで撮影するのはどう?』って思いついたんだ」ーービリー・アイリッシュ

ショーケースに並んだドーナツを盗むのは、ビリーのお気に入りのシーン。彼女はまた、ソウルを拠点に展開するブランド「スクート」によるデザインの衣装を着ています。 「Therefore I Am」のビデオの全編が、ビリーの母親のiPhoneによって撮影されました。 

「最初にモールを偵察しに来た時、ビデオ全体のイメージが頭に浮かんだの。それでみんなに、全てのショット、全てのポーズ、全てのズームイン、詳細なカメラの動きを叩き込んで、そこから順に撮影していったわけ。すごく楽しかった。」ーービリー・アイリッシュ

ラストのシーンでビリーを怒鳴りつける声は、ビリー自身の警備員によるものです。


改めてMVと共に「Therefore I Am (ゼアフォー・アイ・アム/ゆえに我あり)」を聴いてもらいたい。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

秦 麗奈

98年生まれで、日芸在学で制作を学んでます!ダンスと音楽が好きです!

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる