WONK、新アルバムから話題曲「Migratory Bird」のMVを公開!井上幹(Ba)が8mmフィルムで撮影

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

WONKが、2年ぶりのアルバム『artless』を5月11日(水)にリリース。その中からアルバムタイトルの『artless』を体現する一曲「Migratory Bird」のMVを公開した。MVはベース・井上幹がディレクションを担当し自ら撮影を敢行。スーパー8mmフィルムを用いた独特な風合いの映像に仕上がっている。

WONKが、2年ぶりのアルバム『artless』を5月11日(水)にリリース。その中からアルバムタイトルの『artless』を体現する一曲「Migratory Bird」のMVを公開した。エクスぺリメンタル・ソウルバンドとして実験的な楽曲群を生み出してきたWONKが、純粋な楽器の鳴りにフォーカスし、日々の生活を写実的に描写したアルバム『artless』。中でも「Migratory Bird」は、ある二人の曖昧な関係性と時の移ろいを歌った一曲となっており、軽やかなギターサウンドのイントロの時点で、”これまでのWONK像”との距離に気付かされる作品に仕上がっている。

今回公開された「Migratory Bird」のMVは、ベース・井上幹がディレクションを担当し、スーパー8mmフィルムを用いて自ら撮影を敢行。個人映画向けのムービーフィルムとして古くから愛される本品を実際に用いることで独特な風合いとなり、楽曲の世界観がより一層投影されている。想い出を追想するような映像の世界観に注目してほしい。

なお、アルバム『artless』は、全曲で頭上を含む3次元空間に音を鳴らし、深み溢れるサウンド体験を可能にする音響技術「ドルビーアトモス」を採用していることでも話題に。アルバムを通じて、エンジニアでもある井上幹がミキシングを担当、元々ゲームのサウンドデザイン(VR・3D系)をしていた井上がその経験を活かす形で自ら実現させているので、Apple Music、Amazon Music Unlimitedユーザーは、AirPods Proなどドルビーアトモスのシステム環境下で体験しよう。

さらに今月6月17日(金)からは、全国8都市を巡る<artless Tour 2022>の開催も控えている。久しぶりにオリジナルメンバーの4人体制で臨むLIVEツアーを、ぜひお見逃しなく。

RELEASE INFORMATION

『artless』

2022年5月11日(水)
WONK

1. Introduction #6 artless
2. Cooking
3. Migratory Bird 4/27(水)先行配信楽曲
4. Euphoria
5. Butterflies
6. Umbrella

EVENT INFORMATION

『artless tour』

▼札幌
6月17日(金)
cube garden

▼福岡
6月24日(金)
BEAT STATION

▼仙台
7月8日(金)
Rensa

▼東京
7月10日(日)
恵比寿The Garden Hall

▼名古屋
7月15日(金)
E.L.L.

▼大阪
7月16日(土)
Billboard Live OSAKA

▼横浜
7月18日(月)
Billboard Live YOKOHAMA

▼東京
8月5日(金)
Billboard Live TOKYO

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる