OTOTOY支援企画『Save Our Place』始動 「音源配信でライヴハウスを救う」

News

文: DIGLE編集部 

OTOTOYによるプロジェクト『Save Our Place』が4月6日にスタートする。

OTOTOYによるプロジェクト『Save Our Place』が4月6日にスタートする。

『Save Our Place』は、企画に賛同したミュージシャン、レーベルが未リリース音源をOTOTOYで配信し、その売上をミュージシャン、レーベルが希望する施設に届ける支援企画。クレジット決済手数料と、著作権登録がある場合は著作権使用料を除く音源の売り上げ全額が施設に送られる。対象音源は新曲、新録音源、無観客ライヴ音源、スタジオ・ライヴ音源、アコースティック弾き語り音源など。

さらに営業が制限された施設で行なわれる無観客ライブ配信、ライブ音源配信も支援。インスタライブ、YouTube Live、ニコニコ動画を利用した無観客ライブを対象に、レコーディング費用をOTOTOYが一旦負担して録音、OTOTOYで配信する。クレジット決済手数料と、著作権登録がある場合は著作権使用料を除いた売上金のうち、レコーディング費用の実費の採算が音源売り上げで取れるまでは、売上金の50%が施設への支援にあてられる。レコーディング費用の実費がまかなわれた時点で、クレジット決済手数料と、著作権登録がある場合は著作権使用料を除いた売り上げ金が全額施設に送られる。

同企画に先駆けて4月6日には、東京・小岩のBUSHBASHで行なわれた無観客ライブの音源『CRYMAX BROADCAST~SAVE THE BUSHBASH COMPILATION』をリリース。FUCKER、田島ハルコ、Limited Express (Has Gone?)、DEATHROの4組が参加しており、収益はBUSHBASHに送られる。その後、集まった音源から順次公開していく。

主催者のコメント

現在、新型コロナウイルスの影響で、多くのイベント/ライヴが開催自粛を余儀なくされています。それによりライヴハウスやイベントスペースなど、多くの施設が経済的にも精神的にも大きなダメージを受けています。

そこでOTOTOYではこういった施設を少しでも支援したく、ミュージシャンとともに施設をサポートできる企画『Save Our Place』を立ち上げました。

それは、ミュージシャンが創った音源をOTOTOYで販売し、その売上をミュージシャンが希望する施設へ届けるという仕組みです。今の政府の方針を見るに、従業員の人件費の負担は軽減されそうですが、施設はそれ以外にも家賃や光熱費、その他諸々の多額の運営費がかかり続けます。そのため、今こそ我々が大好きな施設に直接的な支援をすべきだと考えました。

『Save Our Place』で一番やりたいことは、ミュージシャンがはじめてライヴをやった、応援し育ててくれた、自分たちのファンが楽しんで遊べる、新型コロナウイルスの騒動が落ち着いた後に帰って来れる…そんな大切な大切な場所を、音楽の力で直接支援することです。

提供:音楽ニュース:CINRA.NET

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる