Opus Inn、Gia Margaretなど、編集部おすすめ曲プレイリスト『DAILY DIGLE』

News

文: 梶野有希 

DIGLE MAGAZINE編集部がTwitterで毎日お届けしているおすすめ曲『DAILY DIGLE』。5月4日から一週間分の楽曲をまとめてご紹介します。

DAILY DIGLE(5月4日〜5月10日)

Thomas Ng,VivaOla『Sick and Tired』

インタビュイー画像

Etoo:

今年個人的に注目してるコレクティブSolgasaの一員であるVivaOla参加の一曲。Thomas Ngの伸びやかな声も相まってとても気持ちの良い曲調で、休日の昼にめっちゃ良いです。

Opus Inn『Alone』

インタビュイー画像

久野:

再始動したOpus Innの新曲。終わりと始まりが繋がっていくような、確かな変化が生まれる静かで大切な時間が閉じ込められている。自身を映し出す内省的な一曲はきっと世界の状況ともリンクしているはず。

Gia Margaret『apathy』

インタビュイー画像

黒田:

歌を歌えなくなってしまった時期に作り上げたという、6月リリースのアルバムからの先行シングル。希望ほうへ歩いていくような、彼女の意志を静かに感じる楽曲。

COIN 『Into My Arms』

インタビュイー画像

Asahi :

2019年にサマソニにも出演した4人組シンセロックバンド・COINのサードアルバム『Dreamland』からの一曲。軽快なビートと、ギターサウンドが印象的な今にも躍り出したくなる楽曲です。

藤原さくら 『かわいい』

インタビュイー画像

あき:

健気な女の子の可愛らしいワガママが軽やかなメロディーで描かれた恋歌。日比谷野外大音楽堂で披露された本曲のライブ映像が先月公開されています。

Orion Sun 『Coffee For Dinner』

インタビュイー画像

Ishimaru:

‬‪フィラデルフィアのシンガーOrion Sunの楽曲。終始揺れた音のバックトラックに息が詰まる。MVの謎の無人街に辿り着いた本人が抜け出せなくなる映像が最近の夜の街と重なる。

Gaho『시작』

インタビュイー画像

Akari:

大人気韓国ドラマ、梨泰院クラスのOST。新しい始まりを歌うAメロから飛躍を表現するサビへと続くドラマチックな展開はまさに復讐劇にぴったり。

DIGLE MAGAZINE編集部おすすめ曲プレイリスト『DAILY DIGLE』

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

梶野有希

97年生まれ。ライブハウスとインディーズロックが大好きです。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる