Rideのアンディ・ベル、初のソロアルバムを日本先行リリース

News

文: Kou Ishimaru 

シューゲイザーを代表するバンド・Rideのギタリスト・Andy Bellが初のソロ・アルバムを10月7日(水)に日本先行リリース。アルバムからリード曲「Love Comes in Waves」が公開された。

シューゲイザーを代表するバンド・Rideのギタリスト・Andy Bell(アンディ・ベル)が初のソロ・アルバムを10月7日(水)に日本先行リリースすることが決定。リリースに先立ち、アルバムの冒頭を飾るリード曲「Love Comes in Waves」が公開された。

今作は、David Bowieの死に触発されRide復活の直前から着手された初のソロ作。まるでThe ByrdsNEU!をミックスしたかのような堪らない程癖になるサイケデリックなサウンドの楽曲「Love Comes In Waves」で、アルバムは幕を開ける。

マスタリングは、Jay SomAlex GDeerhunterSlowdiveらの最新作を手掛け、坂本龍一の2019年リマスター盤『B2 UNIT』のリマスタリングを行った近年世界で最も注目されるエンジニア・Heba Kadryが担当。

アルバムリリースまでの間、「Love Comes In Waves」をチェックして楽しみにしていてほしい。

INFORMATION

アルバム詳細

アーティスト| Andy Bell
タイトル| The View From Halfway Down

Andy Bell|
1990年、ライドのギタリスト/シンガーとしてクリエイション・レコーズからデビュー。シューゲイザー・バンドの一角としてUKロック・シーンを牽引した。

ライド解散後は、ハリケーン#1を結成してアルバム2枚を発表。その後オアシス~ビーディ・アイで活躍。2014年にライドを再結成、バンドでの活動と並行してアンビエント/エレクトロのプロジェクト、GLOKでも作品を発表している。

▼Track List

01. Love Comes In Waves
02. Indica
03. Ghost Tones
04. Skywalker
05. Aubrey Drylands Gladwell
06. Cherry Cola
07. I Was Alone
08. Heat Haze On Weyland Road

*国内盤は2曲ボーナス・トラック収録
発売日| 2020年10月07日発売
価格 | ¥2,400+tax
発売元| Tugboat Records Inc.
販売元| SPACE SHOWER NETWORKS INC.
品番 | XQNK-1016
JAN | 4580339371027
解説(荒野政寿)
歌詞/対訳付き

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる