FRSKIDのHIYOKO a.k.a. CHICK BOY選曲プレイリスト『ブランニュー』Bad Nerves、Husky Loopsなど|4月連載3/3

FRSKID

文: 星原喜一郎 

毎週更新のプレイリスト連載企画。4月のテーマは「ブランニュー」。FRSKID(ex.SESAME) のHIYOKO a.k.a. CHICK BOYさんがセレクトした楽曲を全3回に渡ってお届けしていきます。

FRSKIDのHIYOKO a.k.a. CHICK BOY選曲プレイリスト

Radio Punk / Bad Nerves


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

一聴すると、スタンダードな早いパンクだけど、ちゃんとNEWな空気の入った絶妙なバランスなんです。これもUK。一歩ズレれば初期パンクとひと蹴りされそうですが、メロディー、録音も大きく今の空気を持っていて最高です。

Pink Neck/Train Wreck / Gaffa Tape Sandy


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

こちらもUKの若手で、2000年代のガレージロックリバイバルなサウンドがベースなんだけど、この曲の様にPale Waves等の2010年以降のメロディーラインで、NEWを感じさせてくれます。

Let Go for Nothing / Husky Loops


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

イタリア出身、ロンドンで活動するバンドで、曲のタイプが幅広いからオルタナ的な感じではあるけど、この曲はビビッとNEWを叩きつけてくれたので、選びました。出だしはスタジアムロックなアンセムナンバーが始まりそうな予感でワクワクした後、オートチューンボーカルもいれつつ、後半で凄いビッグサウンドが来ると思ったら2分半程で終わってしまって、逆に興奮しました。NEW!!

Guillotine / DZ Dethrays


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

オーストラリアのバンド。このバンドはグランジベースの音作りなんだけど、ダンスパンクなトラックにメロディ感、コード感はブリット風味の泣ける空気もあり、やっぱり最近のオーストラリアはやばいです…!新しいと思います!

NATURAL BORN LOVE KILLERS / FRSKID ex.SESAME


インタビュイー画像

HIYOKO a.k.a. CHICK BOYセレクトコメント:

やっぱ日本にこの曲あるの凄くないっすか!?あ、自分の曲です…。これを作ってる時は、意気込みまくってて、案の定凄く苦戦した曲ですが、ちゃんとかっこよく出来て良かったです。ぜひ聴いてほしいです。


HIYOKO a.k.a. CHICK BOY選曲プレイリスト

FRSKIDの連載一覧はこちら



FRSKID(ex.SESAME) Profile

2017年9月結成。
2018年4月、4TRACK 1STシングル『NA NA LAND/VAMPIRE BOYS』をリリース。
2018年10月、4TRACK 2NDシングル『NATURAL BORN LOVE KILLERS/ANGEL-A』をリリース。

<MEMBER>
Gt&Vo&Songwriter HIYOKO a.k.a. CHICK BOY
Ba&Vo KYORO
Guitar Hero SASAO★SEKAI
Dr&Mc NAN-JOE

MadchesterやBrit pop、Grungeサウンドを日本人としてハイブリッドに鳴らす4人組ロックンロールバンド。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

星原喜一郎

DJしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる