しなまゆ

しなまゆ・モリユイ選曲プレイリスト『ブランニュー』moumoon、杏など|4月連載4/4

しなまゆ

文: Asahi 

毎週更新のプレイリスト連載企画。4月のテーマは『ブランニュー』。しなまゆのメンバー、モリユイがセレクトしたプレイリストを今月4週に渡ってお届けします。

しなまゆ選曲プレイリスト『ブランニュー』

ゆいいつむに / moumoon

インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

なんかいい。なんか心地いい。なんか癒される。なんか元気になる。なんか好き。まるで大したことないみたいなコメントに見えるかもしれないけど、何かを好きになる時ってそういう「なんか」のフィーリングが大事だったりするよなあ。こういう曲のことって、やたら言葉にすると逆に胡散臭くなると、ここ何ヶ月か選曲してきて思うようになりました。「なんか」のフィーリングがこれを読んでる人と合ったら嬉しい。

心の瞳 / 杏

インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

女優でありファッションモデルでもある杏さんのカバーアルバムから。もうどうしようもないくらいの名曲で、誰が歌っても曲の本質が変わらないその偉大さ。懐が深いってこういうことなんじゃないだろうか。さんの真っ直ぐな歌声もすごく合っていて良い。でもこれは絶対原曲も聴いてほしい。

イージーカム・イージーゴー / ふくろうず

インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

『マジックモーメント』のアルバムから。この曲は割と電子音が目立つ曲なんだけど、でもやっぱりふくろうずサウンドなのが面白い。「イージーカム・イージーゴー」と「イチかバチ GO」で韻を踏んでいるところとかめちゃくちゃ好き。「やって泣いた方がかっこいいじゃん」って歌詞に何度も背中を押されてる。

毎週更新!しなまゆセレクトプレイリスト

しなまゆの連載一覧はこちら

しなまゆ Profile

仲良しメンバーで結成された立川出身のポップロックバンド「しなまゆ」
女の子のココロをくすぐるポップな世界観を表現した、モリユイ(Voc.)の独特の感性から生み出される歌詞と、卓越したパフォーマンスが評判。
ラジオ番組で培われた、モリユイのSキャラ トークにGt. タクマのMキャラとBassウエノハラの和みキャラが微妙に絡み合って、クセになってしまうと話題 !!

INFORMATION

KNOCKOUT FES 2019 spring

会場:東京・下北沢10会場
日時:2019年4月7日(日)
内容:下北沢のライブハウス10会場による往来自由イベント

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Asahi

世界中の全てのアートを愛しています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

しなまゆ
閉じる