『2018年ベストトラック』TOKYO HEALTH CLUB・JYAJIEセレクトSuperorganism、Cosmo Pykeなど|12月連載3/4

TOKYO HEALTH CLUB

文: 久野麻衣 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。一足早く12月のテーマ『2018年ベストトラック』が到着!TOKYO HEALTH CLUBのメンバーが週替りにセレクト。今週はMCのJYAJIEさん。

TOKYO HEALTH CLUB・MCのJYAJIEが選ぶ『2018年ベストトラック』

SPRORGNSM / Superorganism


インタビュイー画像

JYAJIEのセレクトコメント:

異文化学芸会的な、聞いてて楽しそう。難しい事とかいいから、遊び方とか何かクールで気怠くてHAPPYって感じ。

Chronic Sunshine / Cosmo Pyke


インタビュイー画像

JYAJIEのセレクトコメント:

去年の曲だけど、涼しいメロがクソ暑かった今年の夏を成仏。今年のサマソニでも観て、やっぱりよかった。

Bubblin / Anderson .Paak


インタビュイー画像

JYAJIEのセレクトコメント:

『007』みたいな疾走感のあるイントロから落として来る重たいビートがATMと共に頭に残った一曲。

Symphony feat. TeddyJackson / Towkio


インタビュイー画像

JYAJIEのセレクトコメント:

現行のUS感じゃない、基本ドラムとベースラインだけのシンプルな構成が印象的で逆に新鮮だった。

BEAT / 奥田民生


インタビュイー画像

JYAJIEのセレクトコメント:

超アナログ宅録のYoutube動画が面白くて今年ずっと観てた。あえて手間のかかる8トラックで作ってるんだけどある意味、教材的な。


毎週金曜更新!TOKYO HEALTH CLUBの『2018年のベストソング』

TOKYO HEALTH CLUBの連載一覧はこちら




【NEW SINGLE】 平成最後の旅歌「GO TO」配信開始!

「TOKYO HEALTH CLUB / GO TO」

今作は、極上の”大人の休日”をテーマにしたTOKYO HEALTH CLUBによる平成最後の流離旅歌。心地良さの中にどこか秋の哀愁漂うビートにも注目して聴いてください!

※「五島で育ったさつまいもの やさしくて濃厚なごといもポタージュ」のタイアップソング

ごといもポタージュwebサイト

Music Video

TOKYO HEALTH CLUB Profile

TSUBAME (DJ/BEATMAKER)、SIKK-O (MC)、JYAJIE(MC)、DULLBOY(MC)からなる多摩美術大学の同級生で結成された、3MC 1DJのHIP HOPグループ。
2010年に活動を開始。2016年にManhattan Recordsから3rd Album『VIBRATION』をリリースし、よりその名を世に広める。2018年8月には自主ライブ企画を渋谷WWWで開催、チケットはソールドアウト、大盛況をおさめる。自主ライブ当日にリリースされたミニアルバム『NINGENDOG(会場限定版)』の先行シングル「HなGAL feat. Kick a Show」は、テレビ東京系『ゴッドタン』エンディングテーマに起用されている。現在は音楽だけではなく、美的センスや企画力などが評価され、さまざまな角度から注目を浴びるアーティストとなっている。
オフィシャルwebサイト | Twitter | Instagram

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる