山﨑彩音選曲プレイリスト『センチメンタルフスキーin Tokyo』Drop’s、Corneliusなど|11月連載2/4

山﨑彩音

文: 星原喜一郎 

毎週更新のプレイリスト連載企画。11月はフリーテーマ。山﨑彩音さんが作成したプレイリストタイトルは『センチメンタルフスキーin Tokyo』。今月4週に渡ってお届けしていきます。

山﨑彩音セレクト『センチメンタルフスキーin Tokyo』

ドーナツ / Drop’s

インタビュイー画像

山﨑彩音のセレクトポイント:

「ぽっかり穴のあいた体をだきしめて そのときの 涙だけがわたしなの」という歌詞は何度聴いても胸がギュンっとなる。1秒でも聴き逃したくない!って思ってしまう中野ミホさんの歌声は、意思の強さと凛としたかっこよさがあって本当に魅力的。最近、コートの着れる寒さになってきて、東京で1人センチメンタルを発揮するも、この曲を聴くと自分の脆さを包んでくれるような気がして少しホッとする。大好きな一曲。

Not Bad,This Feeling / Cornelius

インタビュイー画像

山﨑彩音のセレクトポイント:

コーネリアスの新譜たくさん聴いてます。この「Not Bad,This Feeling」は歌ものなのに、歌ですらこの曲を表現する1つの道具にすぎない感があるというか1つの楽器に聴こえる。言葉にするのがすごく難しいんだけれど、総合的なところで最高潮というか。わたしはそういう総合的なもの、全体のムードで優れているものが大好き!何より聴いていて楽しい。「雨が 降った 夜が やって来て 僕は 車 なぜか乗ったんだ」って歌詞がボコッと印象に残るのは、この曲のムードがこの言葉通りだと感じたからだと思う。しかも作詞は大好きな坂本慎太郎さん。

Harvest Moon / ニール・ヤング

インタビュイー画像

山﨑彩音のセレクトポイント:

このあいだ映画「プーさんと大人になった僕」を観に行ったんだけれど、まさにこのアルバムは「プーさん感」というか「100エーカーの森感」があって、映画の余韻を日常にまで反映させたくて、最近よく聞いている。ニール・ヤングは通ってきてなかったわたしだけど、このアルバムを機に色々聴き始めた。今は「On the Beach」のレコードが欲しくて…。すっかりニール・ヤンガー(笑)。

毎週更新!山﨑彩音セレクトプレイリスト



山崎彩音のプレイリスト連載記事一覧はこちら

山﨑彩音 Profile

15才から東京、神奈川の有名ライブハウスで活動。16才の時にファーストEP『Yer』をライブ会場と通信販売のみで発表。声と言葉。全曲詩先による作風。
2016年、FUJI ROCK FESTIVAL 2016 にシンガーソングライター史上最年少で出演を果たし、2017年にはファーストミニアルバム 『キキ』 を発売。
FM横浜『KANAGAWA MUSIC LAND』 レギュラー・パーソナリティーを担当するなど多方面での活躍をみせる。2018年7月、フォーライフミュージックエンタテイメントよりファーストアルバム『METROPOLIS』でメジャー・デビュー。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

星原喜一郎

DJしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる