YonYon選曲の芸術の秋を彩るプレイリスト『The Arts of Autumn』Jay2、HORIM、Masegoなど | 10月連載3/3

YonYon

文: Yuya Eto 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。10月は「秋」をテーマに選んでもらっています。DJ、プロモーター、音楽プロデューサー、ラジオDJなどマルチクリエイターとして活躍するYonYonさんの秋を感じる曲とは?

YonYonセレクトの秋を感じる曲

All night / Jay2


インタビュイー画像

YonYonセレクトコメント:

SminoRavyn Lenaeらが所属するZero Fatigueのシンガーソングライター、Jay2による代表曲。彼の認知度は他の所属アーティストに比べてこれからではありますが、歌唱力といい、メロディーラインといい、良い意味で今っぽい。今後の活動にも期待しています。

Amphetamine / Smino


インタビュイー画像

YonYonセレクトコメント:

Jay2とクルーメイトのSminoは、今年の2月に同盟Monte Bookerと共に来日しています。私もそのライブを観に行きましたが、思った以上に日本でも認知されていて、満員御礼でした。とにかく、ライブの運びが上手い。昨年リリースされ話題となったSminoのアルバム『Blkswn』から一番Chillな曲を選びました。

sweEtoo / HORIM


インタビュイー画像

YonYonセレクトコメント:

韓国のR&B、 SOULシーンで徐々に活動の幅を広げているHorimは、ついこの間1stアルバムをリリースしたばかりです。ブラックミュージックを様々な形、ジャンルで提示してくるのが彼のスタイルで、ダンサーやスケーターの友人の影響で音楽にハマったんだとか。彼のファッションも独特で、どこか懐かしい90sのスタイルを、古着を使ってうまく組み合わせて着こなしていて、オシャレさんです。

Not Only(feat.Une) / no2zcat


インタビュイー画像

YonYonセレクトコメント:

no2zcatはSoundcloudを基盤に活動している韓国のプロデューサー、バンド(?)で、いくつか曲をリリースしていますが情報が全く無く、謎に包まれています。ですが、この曲はThe XXXにリポストされたことから一気にバズっていて、遊び心満載のシンセのラインと浮遊感漂う女性のボーカルがマッチしていてカッコ良いです。

Do you / naji


インタビュイー画像

YonYonセレクトコメント:

najiはペンシルベニア州出身のR&Bシンガーソングライターで、先ほど紹介したMonte Bookerともよく共作したり、LAのレーベルSoulectionからいくつかリリースを重ねてここ最近、一気に注目されるようになりました。オルタナティブなセッションサウンドが特徴で、なんとトラックも自分で作っていてこのクオリティ…嫉妬しかないです。

Foolish (ft. Ashleigh Eymann) / Kapok


インタビュイー画像

YonYonセレクトコメント:

エレピとベースラインがどこか哀愁漂う感じがしてスムースなサウンドが、このプレイリストの中で、一番秋っぽいかなと思って入れてみました。なんと、この曲はKapokの公式リリースとしては第1作目なんだとか。いろんなプレイリストで見かけるので、デビュー作とは思っていなかったです。おめでとう!

Queen Tings / Masego


インタビュイー画像

YonYonセレクトコメント:

去年5月にパリのRed Bull StudiosにてFKJとのセッション映像が話題となり、日本でも認知されるようになったMasegoは、サックスを吹きながら歌うシンガーソングライターです。JAZZをベースに、「トラップ・ハウス・ジャズ」を提唱していて、今年9月に待望のデビュー・アルバム「Lady Lady」をリリースしました。アルバムの中から一番スイートな1曲です!

Velous / Anomalie


インタビュイー画像

YonYonセレクトコメント:

来月に初来日公演が決まっているAnomalieは、カナダのモントリオールを拠点に活動する天才キーボディストです。若くしてクラシック、ジャズの教育を受け、2012年に著名な奨学金制度を受けるなどその実力は幼少時から証明されてきました。単純にJAZZピアノを奏でるのではなく、ビート感が今風にアレンジされていて、エレクトロっぽい仕上がりになっています。全部本人が直接弾いているということで、演奏うますぎ…


毎週月曜更新!YonYonの秋を感じるプレイリスト

YonYonの連載記事一覧へ




YonYon Profile

ソウル生まれ東京育ちというバックグラウンドを持ち、DJ、プロモーター、音楽プロデューサー、ラジオDJとしてマルチに活動するクリエイター。

2012年にDJとしてのキャリアをスタート。Future Beats、Hip Hop、UK Bass、House、Technoまでジャンルを越え直感的にミックスするスタイルが世界中から評価され、日本のみならず東アジア、アメリカ、ヨーロッパなど国内外にまで活動の幅を拡大中。

一方で、その類稀な清涼感のある歌声を生かして国内外のアーティストの楽曲にフィーチャリングで参加している。R&B、HIP HOPのグルーヴをベースに、幼い頃から聴いていたJ-POP/K-POPのメロディーを取り入れ、すでに多くの革新的な作品を生み出してきた。

また、日韓を繋ぐキーパーソンとして[THE LINK]プロジェクトの立ち上げや、ラジオでは同年代のアーティストを紹介する役目を担うなど、彼女のアンダーグラウンドからオーバーグラウンドまで分け隔てないグローバルな活動に注目が集まっている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Yuya Eto

DIGLE MAGAZINE編集長。フェスとフクロウが好き。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる