マカロニえんぴつ

マカロニえんぴつのはっとりが語るバンドと音楽にかける思い|BIG UP! Stars #04

BIG UP! Stars

文: 久野麻衣  写:遥南 碧 

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第4回目はマカロニえんぴつのはっとりが登場。

グッドメロディーのルーツ

ーマカロニえんぴつの楽曲はまずメロディの良さが魅力だと思うんですけど、良いメロディが生まれるのに影響を与えたものってなんだと思いますか?

色々な雑誌で影響を受けたアーティストはユニコーンって言い続けて来ているんですけど、でもこの間母親に会ったら「本当のルーツはユニコーンじゃないんじゃない?」と言われて。

ーお母さんがそう言うということはもっと原体験的なところですか?

僕が通ってた保育園は子供の感性を尊重してくれていて、歌を歌う時間が毎日あったり、みんな外で遊んでいる時に僕が1人で絵を描いていても「外で遊びなよ」とか言わないし、1人1人の個性を広げてくれるようなところだったんです。

ーすごくいい環境だったんですね。

その保育園でトラや帽子店って言うケロポンズの人が元メンバーだったバンドの歌をよく歌ってたんですよ。彼らは子供向けのオリジナルソングをだしていて、保育園でコンサートを見に行ったりしていて。だからトラや帽子店の音楽にすごく馴染みがあったんです。

ー好きな曲とかありましたか?

「虹」って歌と「この指とまれ」っていう歌がすごく好きなんですけど、とにかく歌詞がいいのとグッドメロディーで。子供にもちゃんと哲学的なことを投げかけてくれている詩なんですよね。中学生になったときに懐かしくなって改めて歌詞カードを見たんですけど、すごく深いことを言っているなって時を超えて感動したのを覚えてます。

ーではそこに根本的な音楽のルーツがあるわけですね。

母親には「あなた多分あの経験かなり大きいと思うよ」って言われて思い出したんですよね。親父も元々バンドをやっていた影響でロックだったり、クラシックだったり、音楽は常に家に流れていたし、音楽にハマるのには最適な環境だったとは思うんですけど、やっぱ歌を好きになったきっかけはその保育園とトラや帽子店が歌うことの楽しさを教えてくれた経験が大きい気がしますね。

マカロニえんぴつ

次ページ:やりたい音楽を求めて

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

マカロニえんぴつ
2012年はっとり(Vo/Gt)を中心に神奈川県で結成。メンバー全員音大出身の次世代ロックバンド。
はっとりのエモーショナルな歌声と、
キーボードの多彩な音色を組み合わせた壮大なバンドサウンドを武器に圧倒的なステージングを繰り広げる。
全国にマカロックを響かせるべく都内を中心に活動中!
閉じる