新世代と共に作り上げた『2020』。若き旗手・Yackle、その横断的な活動の秘訣とは|BIG UP! Stars #30

BIG UP! Stars

文: 保坂隆純  写:Maho Korogi  編:久野麻衣

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第30回目はYackleが登場。

2000年生まれ、奈良を拠点とするマルチ・アーティスト/クリエイターのYackleが同名義では2作目となるフル・アルバム『2020』を4月22日(水)にリリースする。

これまでに日本各地、果ては韓国でも開催してきた人気イベント<合法>を始めとしたイベント・オーガナイズから、多彩な引き出しを持つDJ、そしてDÉ DÉ MOUSE三坂咲パブリック娘。ちゃんもも◎吉田凜音らともコラボするミュージシャンとして知られるほか、日本のブランド”sOMEThING by YoYoAddict”からのスポンサードも受けるヨーヨー・プレイヤーとしての顔を持つYackle。

本インタビューでは、その多様な才能と行動力で、高校在学中から注目を集めてきた彼のこれまでの足跡、そして10代最後のメモリアル的作品として発表する『2020』を紐解く。

ヨーヨーから音楽へ、手探りで前進し続けた学生時代

―音楽に興味を持つきっかけがヨーヨーだったそうですね。どのように始めたのでしょうか?

ヨーヨーを始めたのが10歳の時、2010年のことなんですけど、ちょうどそのくらいに第3期ハイパーヨーヨーが発売されて、学校でもすごく流行っていたんです。だから、最初はすごく自然な流れで入りましたね。

―その後、競技シーンにも足を踏み入れハマっていった。

周りの友だちより技を習得するのが早かったんですよね。難しい技ができるようになっていくにつれて、どんどんのめり込んでいって。ヨーヨーやり始めてからはゲームもやらなくなって、学校の時間以外はずっとヨーヨーばかりやるような生活になりました。

―その後、大会でパフォーマンスをする際に使用するBGM選びから、音楽の方にも興味を持っていくと。

はい。当時はCAPSULEさん、Shinichi Osawaさん、m-floさんなどのエレクトロが多くて。僕が初めて出場した大会の時に使わせてもらったのは、m-flo loves DOPING PANDAの「she loves the CREAM (DEXPISTOLS REMIX)」でした。

―その数年後に、☆Taku Takahashiさんにインタビューされたり、イベントに出演してもらったり、きっと当時は思いもよらなかったですよね(笑)。

衝撃でした。しかも、高校生の時に開催した最後のイベントに中田ヤスタカさんが出演してくれたり、アルバムのリリース・パーティに遊びに来てくださったりして。当時の自分からしたら考えられない状況ですよね(笑)。

―ヨーヨーの大会で使うための音楽をディグっていくうちに、次第に音楽にもハマり、そこからDJやトラックメイクへと繋がっていった。

ヨーヨーの日本公式大会って、予選は人数が多いこともあってか、著作権フリーの楽曲じゃないと使えないんです(2017年に予選は大会推奨曲のみに改定)。なので、プレイヤーもネット上で音楽をディグる必要があって。そういったことがきかっけで、〈Maltine Records〉にも出会ったんです。2011年〜2012年くらいはbanvoxさんの「Laser」がめちゃくちゃ使われていたりして。Seihoさん、PARKGOLFさん、Pa’s Lam Systemさんとかも、ヨーヨーきっかけで存在を知りました。

―そこからDJに繋がったのは、どういう経緯で?

ヨーヨー・プレイヤーって、映像作ってたりDJやってたりする人も多くて。〈CLOCK HAZARD〉(アンダーグラウンド・テクノ・レーベル)界隈の人たちとか、僕の「Feel Me (feat. DÉ DÉ MOUSE & 三阪咲)」という曲のMVを撮ってくれたKota Watanabeさんとかも、ヨーヨーを通じて知り合いました。そういうところからの影響もあったんだと思います。

―なるほど。

ネットでDJの機材を調べてみたらPCDJだったら比較的安価で購入できそうっていうことがわかったので、中1のクリスマスプレゼントに買ってもらって。やり方もわからないまま、家族共用のPCに繋いで、手探りで覚えましたね(笑)。初めてイベントでDJしたのは中2の時、ネットでDJを募集していた大学生主催のイベントに出させてもらいました。

―ヨーヨー、音楽共に言えることですけど、行動力がすごいですよね。

元々はすごく人見知りな性格だったんです。それがヨーヨーをきっかけに、初対面の方、しかも大半が年上の方たちと話すきっかけができたり、あとは自分から話しかけないと先に進めない状態だったので、自ら克服するよう意識していた時期はありますね。僕らって、幼い頃からSNSが身近にあった世代だと思うんですけど、僕は直接会って話すこともとても大事なことだと思っていて。一番最初にイベントを開催する時も、出演者と直接コミュニケーションすることを意識していました。

―では、トラックメイクを始めたのは?

中3の秋くらいに、iPhoneを買ってもらったタイミングで、「GarageBand」というアプリを見つけて。iPhoneだけで曲を作れるということがわかって作り始めました。最初「Yakkuru」名義で、『FOGPAK』(Redcompass主宰の公募型コンピレーション・シリーズ)に応募して、『FOGPAK #15』に“Derangement”という曲が収録されました。その時に一緒になった(楽曲が収録された)yuigotくん、長谷川白紙くんは<合法>の1周年に出てもらいました。

次ページ:未成年でも安心して遊びに来れる<合法>立ち上げ

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

PHOTOGRAPHER

Maho Korogi

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる