バンドでもヒップホップでもない。人懐っこさと無機質さが共存するMomの音楽性| Newave Japan #35

Newave Japan

文: スギタヨウヘイ  写:遥南 碧 

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。35回目は現役大学生のシンガーソングライター・トラックメイカーMom。「カッコイイ」を内包した「カワイイ」クリエイティブを表現する"CRAFT HIP HOP"を掲げ、音源だけでなくジャケットやMVなどのアートワークもすべてこなす彼の音楽ルーツについて話を伺いました。

CD集めが趣味のロック少年だった。

ー音楽が好きになったきっかけを教えてください。

自発的に音楽を聴きはじめたのはB’zがきっかけです。小学校3年生の頃にB’zの「結晶」という曲がドラマの主題歌になって、CDをTSUTAYAでレンタルしてみたんです。それから段々とハマッていって、CDとライブDVDを買うようになりました。たぶん全部のアルバムを持っていると思います。稲葉さんの歌う時のワイルドさと謙虚なMCのギャップが好きで、ファンクラブにも入っていました。

ー意外です。それからはどんな音楽を聴くようになりましたか?

中学生の頃にB’zエアロスミスが共演しているのを見てから洋楽に興味を持ったのですが、ボン・ジョヴィミスター・ビッグなどの有名なハードロック系の音楽を聴いても全然ハマらなかったんです。

そこで、「クロスビート」などの音楽雑誌を読んで世の名盤とされている音楽を聴いてみたところ、オアシスレディオヘッドウィーザーソニック・ユースピクシーズティーンエイジ・ファンクラブなどの90年代オルタナにハマりました。音はハードだけどメロディーは人懐っこい音楽が好きで、雑誌を読んではCDを買う、というのを繰り返していました。中学はロック少年でしたね。

ー楽器をはじめたのはいつ頃ですか?

中学2年生の時にギターをはじめました。バンドでギターを弾いてみたいと思っていたところ、ちょうど楽器をはじめようとしている同級生がいたので、一緒に買おうということになったんです。

同時に、「他のクラスにドラムを叩けるやつがいるらしい」という噂を耳にしたので、別の友達に無理矢理をベースをやらせてバンドを結成しました。当時はグリーン・デイの「アメリカン・イディオット」などの簡単な曲をやっていました。

ーなんだか「青春」みたいですね。

そうですね。でも、正直あんまり楽しくなかったんです。全員初心者だったこともありますが、演奏してても特に高揚感が無いので、「バンドを組むのって、難しいんじゃないか?」と思っていましたね。

ー高校に入ってからもバンドを続けたんですか?

高校では軽音楽部に入ってナンバーガールくるりスーパーカーなどのコピーバンドを組んでいました。ギターを弾きながら歌うのが初めてで、すごく楽しかったですね。思い入れがあるのはブランキー・ジェット・シティの「赤いタンバリン」で、3ピースのミニマムなスタイルで演奏するのがおもしろかったです。

ただ、人が自分とは合わなくてすぐに辞めました。軽音楽部に入ってから、いわゆる「バンドマン」と接するようになったんですが、みんなクセが強くてタイプが似てるのであまり好きになれなかったんですよ。

それからやることがなくなったので、iPhoneのガレージバンドで曲を作り始めて。自分が作りたいものをカタチにするという体験が初めてだったので、楽しみながらやっていました。

ー当時はどんな曲を作っていたんですか?

最初はバンドサウンドを宅録するような感じで、ギター主体で適当な歌詞を乗っけてギターポップやオルタナっぽい曲を作っていました。

当時はレコード会社に曲のデータを送ることを熱量に制作していて、あえて自分の誕生日に音源を送ったこともありました。「誕生日に音源を送ったらレコード会社から返事がきた」というエピソードができたらおもしろいな、と思って。雑誌の読みすぎですね(笑)。

その後、高校2年生の夏休みに作ったアルバムをレコード会社に送ったら返事がきて、曲を送って感想をもらうという関係が続いていたのですが、曲作りが事務的に感じるようになってしまったのと、ちょうど「自分の作る曲ってあんまイケてないな」と思いはじめた頃だったので、大学受験を理由に一度曲作りを辞めてしまいました。

僕はモチベーションだけで動いているところがあるので、1回やりたくないと思うと絶対に気が向かなくなってしまうんです。曲作りを辞めた後はレコード会社とも連絡をとらず、ひたすらディスクユニオンでCDを漁るような日々を送っていました。

Mom

次ページ:ヒップホップとの出会いと、「CRAFT HIP HOP」の誕生

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

Webサイト

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

シンガーソングライター/トラックメイカー。現役大学生の21歳。
「カッコイイ」を内包した「カワイイ」クリエイティブを表現するため、音源だけではなくジャケットやMusic Videoなどのアートワークもすべて自身でこなし、隅々にまで感度の高さを覗かせる様は、言い例えるなら、次世代に向けた"CRAFT HIP HOP"。
すべてのトラックをiPhone/Macのガレージバンドを駆使し制作しているにもかかわらず、一度聴くと頭の中を支配する楽曲たちには、サウンド構築の緻密さや、あくまでポップスフィールドからはみ出ないキャッチーなメロディセンスが光る。
2018年初頭から本格的に活動を開始。夏から手売りを開始した手作りDEMOは、タワーレコード渋谷店の未流通コーナーで取り扱われ、入荷の度に即時完売。デイリーチャート3位までマークした。ライブ会場でも完売が続き、ついに、11月14日に1st album『PLAYGROUND』のリリースが決定!
日本のHIP HOP/J-POP界にふわりと舞い込んだ、ハイセンスな新星として大きな期待が寄せられている。

閉じる