グランジ・ロックのその先へ。w.o.d.の類稀なるセンスの源泉| Newave Japan #34

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。34回目は神戸発3ピースバンドw.o.d.(ダブリューオーディー)。NIRVANA 直系のグランジサウンドとポップセンスを兼ね備えた、新型オルタナサウンドを生むセンスはどこから生まれたのか。サイトウタクヤ(Vo&Gt)の音楽ルーツに迫りました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

固定観念に囚われない。DJ BUNNYが追求するオリジナリティ|Newave Japan #10

three1989

THREE1989が自分たちの表現の先に見つけた大切なものとは | Newave Japan #39

目指すは大人の青春!World Mapsが掲げる「マウンテン・ポップ」とは|Newave Japan #14

身内ロックスター目指すWalkings。走らず、泥臭く、友達の輪を広げる狙いとは | Newave Japan #21

melraw

「知る人ぞ知るミュージシャン」からの脱却。音楽に取り憑かれたMELRAWが描くストーリー | Newave Japan #29

「活動のすべてにストーリーがあるべき」。citrusplusのクリエイティブへのこだわり。 | Newave Japan #32

この記事を作った人

WRITER

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

PHOTOGRAPHER

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

AUTHOR

Photographer

遥南 碧

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

RELATED ARTICLE

関連記事

ravenknee

エレクトロサウンドの可能性を求めて。ravenkneeの挑戦 | Newave Japan #37

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。37回目は東京を拠点に活動する5人組バンド、ravenknee。結成わずか1年足らずで<サマーソニック>に出演するなど、エレクトロサウンドを軸としたハイブリッドな楽曲で存在感を放つ彼らの音楽ルーツや現在のバンドの姿について、松本祥(Vo./Gt.)と安田照嘉(Ba.)に伺いました。

ブラックミュージックとJ-POPの追求。Emeraldの止まらない進化 | Newave Japan #40

編集部がネクストブレイクだと思うアーティストの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。40回目は6人組バンド、Emerald。藤井智之(Ba.) / 高木陽(Dr.) / 藤井健司(Manipulator.)の3人に自身の音楽ルーツから、2018年12月にリリースした1st Mini Album『On Your Mind』についてやEmeraldの音楽の在り方まで話を伺いました。

three1989

THREE1989が自分たちの表現の先に見つけた大切なものとは | Newave Japan #39

『Music DNA』から『Newave Japan』と名前を新たにお送りする、編集部オススメの若手アーティストの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画。39回目は1989年生まれの3人で構成されたエレクトロバンド、THREE1989。ニューノスタルジックな楽曲で支持を集める彼らの音楽ルーツやバンドの歴史、新作『Kiss』に込められた想いなどを伺いました。

揺らぎが目指す新たなシューゲイザーの形 | Newave Japan #36

編集部オススメの若手アーティストの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。36回目は滋賀のシューゲイザー、ドリーム・ポップバンド揺らぎ。8月に初のアルバムをリリースし、数々の海外バンドの来日公演にも出演をしている彼女たちに、いまのバンドのスタンスや、多彩な音楽性に影響をしているアーティストについてお伺いしました。

DAILY VELOCITY CHART

毎日更新。再生回数が急上昇した今話題の楽曲チャート

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング 1位に返り咲き ONE OK ROCK、ピックアップにCiara、Kehlani

HOW TO STREAMING

各ストリーミングサービスの使い方紹介

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
サイトウタクヤ(Vo&Gt)
Ken Mackey(Ba)
中島元良(Dr)

神戸発3ピースバンドw.o.d.(ダブリューオーディー)。

小洒落たロックで溢れかえる現代の邦楽バンドシーンを問答無用で掻き消すノイズ。
日々を気怠く歌い、時に感情的なシャウトを吐き出すヴォーカル。それを支えるヘヴィーかつタイトな攻撃的リズム隊。
NIRVANA 直系の退廃的でダーティなグランジサウンドを爆音で鳴らし、Blurを彷彿とさせる捻くれたポップセンスも有する、新型オルタナサウンド。

<MV>
w.o.d.-丸い真理を蹴り上げて、マリー。[Official Music Video]

閉じる