甘美な誘惑。TAWINGSが奏でる仄暗いポップの裏側 | Newave Japan #49

Newave Japan

文: 黒田 隆太朗  写:Demukai Yosuke 

DIGLEオススメ若手アーティストのインタビュー企画『Newave Japan』。49回目は昨年才気溢れるファーストアルバムをリリースしたTAWINGSが登場。3人のルーツを紐解きながら、仄暗くも美しい音楽観に迫る。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

PHOTOGRAPHER

Demukai Yosuke

TAG;

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

姫路から世界へ。ボーダーを超えていくShurkn Papの価値観とは | Newave Japan #50

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

Cony Plankton(vo,g)、eliy(ba)、Yurika(dr)。
2016年結成の3人組バンド。ガレージ、ポストパンク、ニューウェーブなど様々な要素を飲み込んだサウンドで、東京を拠点に活動。2017年5月に1stシングル「Listerine/Dad Cry」を7インチでリリース、その後2018年1月に2ndシングル「Invisible/UTM」をカセットでリリース。The Lemon Twigs、Hinds、Japanese Breakfastなど多くの海外アーティストのサポートを務め、2018年のSXSWに出演、初の海外公演を行った。2019年10月15日にLuby Sparksとの共同企画「Dreamtopia」をWWWで開催。2019年12月18日には1stアルバム「TAWINGS」をリリース。
閉じる