創造を恐れない。若きトラックメイカー/プロデューサー、pavilion xoolの視点 | Music DNA #31

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。31回目は東京在住の20歳のトラックメイカー/プロデューサー、pavilion xool。多数のイベント出演やコラボレーションなど、若き才能として早くからエレクトロ・ミュージック・シーンで注目を集めている彼に音楽やクリエイターとしてのルーツを伺いました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

エレクトロもダンスも飲み込んで。オルタナティブであり続けるPeopleJamの可能性 | Music DNA#22

稀代の音楽家・小島裕規のクリエイティビティの源泉とYaffleとして目指す先とは | Music DNA #28

目指すは大人の青春!World Mapsが掲げる「マウンテン・ポップ」とは|Music DNA#014

サプライズ精神全開。ザ・おめでたズが「祝いたい」理由 | Music DNA#20

放課後ノリのファンクネス。ディープファン君が夢みる世界|Music DNA #007

音楽と生きてきたMISTAKESの考える男の美学|Music DNA#013

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

PHOTOGRAPHER

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

Webサイト

AUTHOR

Photographer

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

website

Writer

久野麻衣

猫と暮らすアウトドア好きライター。

RELATED ARTICLE

関連記事

韓国と日本の音楽シーンを繋ぐYonYon。躍進を続ける彼女の葛藤とは|Music DNA #001

韓国のソウル生まれ東京育ちというバックグランドを持つYonYon。DJ、プロモーター、トラックメーカー、シンガーソングライターというマルチな活動が評価され、音楽シーンから注目を集めている彼女。現在は、ライターやラジオパーソナリティの他、海外アーティストを日本や韓国に繋げるためのブッキングエージェント「BRIDGE」のプロモーターとしての活動を本格化している。各国のカルチャーの架け橋となっている彼女の胸中を聞いてみました。

USインディー/エモシーンと共鳴するバンド、Bearwearが映す若者の景色 | Music DNA#25

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。25回目はUSのインディ・ロック/ドリーム・ポップ/エモに影響を受けたサウンドを鳴らすバンド、Bearwear。彼らの音楽的ルーツからバンドの成り立ち、今後の活動への姿勢について伺いました。

良いメロディーはジャンルレスに取り入れる。FOUR GET ME A NOTSのあくなき探究心|Music DNA #002

結成から13年目を迎えたFOUR GET ME A NOTS。3ピースバンドとは思えない厚みのあるサウンド、男女ボーカルによるキャッチーなメロディーとストイックなコーラスワークで、多くのリスナーから支持されています。同バンドのVo&Ba石坪さんは、ジャンル問わず、あらゆる音楽に影響を受けてきたとのこと。詳しくお話を伺いました。 ーFOUR GET ME A NOTSー 千葉県を拠点に活動する3ピースバンド。メンバーは石坪 泰知(Vo&Ba)、高橋智恵(Vo&Gt)、阿部貴之(Vo&Dr)。男女の絶妙なボーカルの絡み合いやコーラスワークが特徴。「ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2014」、「SUMMER SONIC 2014」などの大型野外フェスに出演を果たし、2015年にはバンド初となるベストアルバム「FOLLOW THE TRACKS ‐The Best of 10years‐」をリリースしている。

melraw

「知る人ぞ知るミュージシャン」からの脱却。音楽に取り憑かれたMELRAWが描くストーリー | Music DNA #29

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。29回目はWONKをはじめとする数多くのバンド・アーティストのサポートミュージシャンとして活躍している安藤康平のソロ・プロジェクト、MELRAW。サックス、フルート、トランペット、ギター、シンセサイザー、MPCをマルチに使いこなす彼の音楽ルーツや、ソロ・プロジェクトを立ち上げた理由について伺いました。

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
今年20歳になったばかりの東京在中のトラックメイカー/プロデューサー。13歳の時に行った国内大型フェスでの体験で海外エレクトロニック・ミュージックに触発され、自らビートをプロデュースするようになり、その後、海外のチルウェイヴ〜フューチャーファンク・シーンに大きな影響を受け、pavilion xoolを始動。

ネットを中心に音源を公開し始めてから一年足らずにもかかわらず、すでに国内外のエレクトロ・ミュージック・シーンのクリエイター・インフルエンサーから注目を集めており、今年7月にはフジロックにも出演していたMGMTのフロントマン、アンドリュー・ヴァンウィンガーデンがDJセットで出演したイベントにライブアクトとして抜擢。渋谷club VISIONにて行われたTOWA TEIの変名プロジェクト・Sweet Robots Against The Machineのリリースパーティーにも出演するなど、今年に入り本格的に活動の場を広げてきている。

閉じる