創造を恐れない。若きトラックメイカー/プロデューサー、pavilion xoolの視点 | Newave Japan #31

音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。31回目は東京在住の20歳のトラックメイカー/プロデューサー、pavilion xool。多数のイベント出演やコラボレーションなど、若き才能として早くからエレクトロ・ミュージック・シーンで注目を集めている彼に音楽やクリエイターとしてのルーツを伺いました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

ラッパーTohjiが見てきた景色と、そこから生み出す新しい世界 | Newave Japan #41

ブラックミュージックとJ-POPの追求。Emeraldの止まらない進化 | Newave Japan #40

The new state of shoegazer music that yuragi aspires to be : Newave Japan

three1989

THREE1989が自分たちの表現の先に見つけた大切なものとは | Newave Japan #39

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

AUTHOR

Photographer

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

website

Writer

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

RELATED ARTICLE

関連記事

The new state of shoegazer music that yuragi aspires to be : Newave Japan

“Newave Japan” which introduces music life of attention young artist who is responsible for Japan’s future music scene. At this time, we interviewed Shogaizer / Dream Pop Band “yuragi” is from Shiga Prefecture. They released their first album in August and have performed with many foreign bands touring in Japan. We asked them about the current stance of the band and the artists who have influenced their various musical directions.

ブラックミュージックとJ-POPの追求。Emeraldの止まらない進化 | Newave Japan #40

編集部がネクストブレイクだと思うアーティストの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Newave Japan』。40回目は6人組バンド、Emerald。藤井智之(Ba.) / 高木陽(Dr.) / 藤井健司(Manipulator.)の3人に自身の音楽ルーツから、2018年12月にリリースした1st Mini Album『On Your Mind』についてやEmeraldの音楽の在り方まで話を伺いました。

three1989

THREE1989が自分たちの表現の先に見つけた大切なものとは | Newave Japan #39

『Music DNA』から『Newave Japan』と名前を新たにお送りする、編集部オススメの若手アーティストの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画。39回目は1989年生まれの3人で構成されたエレクトロバンド、THREE1989。ニューノスタルジックな楽曲で支持を集める彼らの音楽ルーツやバンドの歴史、新作『Kiss』に込められた想いなどを伺いました。

ラッパーTohjiが見てきた景色と、そこから生み出す新しい世界 | Newave Japan #41

DIGLEオススメ若手アーティストのインタビュー企画『Newave Japan』。41回目は唯一無二の存在感でシーンの注目を集めるラッパー、Tohji。昨年EP『9.97』をリリースし、最近ではMall Boyzでの活動も話題の彼にこれまで育ってきた環境や音楽ルーツ、また自身が見据える新しい世界観について伺いました。

DAILY VELOCITY CHART

毎日更新。再生回数が急上昇した今話題の楽曲チャート

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング 1位にOfficial髭男dism  ピックアップに椎名林檎、kolme

HOW TO STREAMING

各ストリーミングサービスの使い方紹介

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
今年20歳になったばかりの東京在中のトラックメイカー/プロデューサー。13歳の時に行った国内大型フェスでの体験で海外エレクトロニック・ミュージックに触発され、自らビートをプロデュースするようになり、その後、海外のチルウェイヴ〜フューチャーファンク・シーンに大きな影響を受け、pavilion xoolを始動。

ネットを中心に音源を公開し始めてから一年足らずにもかかわらず、すでに国内外のエレクトロ・ミュージック・シーンのクリエイター・インフルエンサーから注目を集めており、今年7月にはフジロックにも出演していたMGMTのフロントマン、アンドリュー・ヴァンウィンガーデンがDJセットで出演したイベントにライブアクトとして抜擢。渋谷club VISIONにて行われたTOWA TEIの変名プロジェクト・Sweet Robots Against The Machineのリリースパーティーにも出演するなど、今年に入り本格的に活動の場を広げてきている。

閉じる