HOLIDAY! RECORDS

HOLIDAY! RECORDSの現在とストリーミング時代との付き合い方

通販サイトとライブハウスでの出張販売という形で国内の様々なインディーズアーティストの音源を販売するHOLIDAY! RECORDS。その運営を一人で行なっている植野秀章さんにショップの現状やストリーミング時代のCD販売の行方などを伺いました。

SNSで記事をシェア

RELATED ARTICLE

関連記事

向井太一のストリーミングとの向き合い方と2018年のベストトラック|新作『PURE』インタビュー後編

向井太一が今伝えたいリアル。最新作『PURE』と2018年の自身の変化について|新作『PURE』インタビュー前編

タイ人アーティスト・Pyraが語る、アジアアーティストの活動と日本の魅力

Kan Sano

今だからこそ生まれる。Kan Sanoがニューアルバムで表現したい音とは

身近な憂鬱がテーマ。新鋭ファンクバンド・ディープファン君が新曲「Blue」MV&新アルバムについて語る

w-inds.が考える、サブスク時代に必要な強さとプレイリストの使い方

この記事を作った人

WRITER

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

PHOTOGRAPHER

松村雄介

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

AUTHOR

Photographer

松村雄介

Writer

久野麻衣

DIGLE MAGAZINE 副編集長

RELATED ARTICLE

関連記事

HOLIDAY! RECORDSセレクトイベント『STRANGER THINGS in TOKYO 1st anniversary special』開催決定

HOLIDAY! RECORDSセレクトによるイベント<STRANGER THINGS>の1周年記念イベントが開催。

DAILY VELOCITY CHART

毎日更新。再生回数が急上昇した今話題の楽曲チャート

みんなが聴いた人気曲デイリーランキング 5日連続1位 BTS ピックアップにKan Sano、Beyoncé

HOW TO STREAMING

各ストリーミングサービスの使い方紹介

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
閉じる