清竜人は何故歌謡曲を歌ったのか?縮小していくシーンに一石を投じる、クリティカルな新作『REIWA』

新たな元号を冠した、6年ぶりのオリジナル・アルバム『REIWA』をリリース。歌謡曲を歌った新作に秘めた、批評的な視線とシーンへの危機感とは。清竜人本人によるプレイリスト、「昭和から平成への女性シンガー」も併せてお楽しみください。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

黒田 隆太朗

平成元年生まれ、千葉県出身。ライター/編集。MUSICA編集部→DIGLE編集部。

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

RELATED ARTICLE

関連記事

退屈を切り裂く音楽を。(sic)boyが生み出すオルタナティヴロックとラップの融合|BIG UP! Stars #15

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第15回目は(sic)boyが登場。

JAMESONが人気バンドとハロウィンを盛り上げる『 JAMESON HALLOWEEN FES 2』開催

9月17日(火)より世界中で愛されているアイリッシュウイスキー「ジェムソン」が人気ロックバンドとコラボレートした音楽プロジェクト『JAMESON HALLOWEEN FES 2』が開催されます。

FIVE NEW OLDが鳴らす、分断される時代に鳴るべきポップとは。集大成となる新作と、次なるフェーズを語る

FIVE NEW OLDがキャリアの集大成となるアルバム『Emulsification』をリリース。アルバムタイトルでもあり、自身のアイデンティティでもあるという「乳化」という言葉が意味するものとは何か? 排他的な空気があるこの世界で、FIVE NEW OLDが鳴らすべきポップの形を語る

UGAJINによるエロス漂う脱力アルバム『CRISING』。新作とキャリアを気さくに語らう初インタビュー|BIG UP! Stars #17

DIGLE MAGAZINEが音楽配信代行サービスをはじめ様々な形でアーティストをサポートしている『BIG UP!』を利用している注目アーティストをピックアップして紹介するインタビュー企画。第17回目は「ひとりで作ること」にこだわったファーストアルバム、『CRUISING』をリリースしたUGAJIN。PrinceやD'Angeloに惹かれたというルーツから、肩の力が抜けたメロウなソウルアルバムまでを語る。

PLAYLIST RENSAI

アーティストがおすすめの曲を毎週更新
プレイリスト連載企画

大阪府出身、1989年5月27日生まれ。
2009年3月、シングル「Morning Sun」で東芝EMIよりメジャーデビュー、その後6枚のシングルと6枚のアルバムをリリースする。
2014年、レーベルをトイズファクトリーに移籍、一夫多妻制アイドルグループ『清 竜人25』としての活動を開始。プロデューサー兼メンバーである清 竜人とその妻達で構成されるアイドルの固定概念を覆す全く新しいエンターテインメントを披露。アルバム2枚、シングル6枚をリリースするも2017年6月17日、幕張メッセイベントホールにて行われた解散ライブをもって、約3年間の活動に幕を閉じた。
2016年12月、清 竜人25の活動と並行して『清 竜人TOWN』の活動も開始。清 竜人とリスナーとの関係性が、単なる演者と観客ではなく、同じ目線でライブを楽しむというコンセプトのもと会場では、ただ観るのも良し、歌うのも良し、楽器を演奏するのも自由というライブで沢山のファンとの共演を果たす。
2017年12月、約4年ぶりの弾き語りコンサートを開催、追加公演を含めた全公演即日完売となり新たなソロ活動のきっかけとなる。
2018年レーベルをキングレコードに移籍、ソロとしてのアルバム制作を約5年ぶりに開始する。
また最近では自身の作品のみならず田村ゆかり、でんぱ組.inc、堀江由衣、ももいろクローバーZへの楽曲提供などプロデューサーとしてもその活躍の幅を広げている。
閉じる