RADWIMPSのヴァーチャルライブ、12/29~30に世界同時開催 専用アプリで新しい音楽体験

News

文: Kou Ishimaru 

RADWIMPSのヴァーチャルライブ<SHIN SEKAI>が12月29日(火)、30日(水)に開催。クリエイティブ集団『PARTY』が自社開発したヴァーチャルパークシステム「VARP(ヴァープ)」内で開催される。

RADWIMPSのヴァーチャルライブ<SHIN SEKAI>が12月29日(火)、30日(水)に開催。ヴァーチャルパークシステム「VARP」内で行われる。

今回のライブは、クリエイティブ集団『PARTY』が自社開発したヴァーチャルパークシステム「VARP(ヴァープ)」とRADWIMPSのコラボレーションによるヴァーチャルライブ。

RADWIMPSが挑戦する新しい音楽体験の形として『ROLE-PLAYING MUSIC』というテーマが掲げられており、参加者自身がRADWIMPSの楽曲世界の主人公となり、行動し、世界中の人々と共に物語を奏でる体験が楽しめるそう。ティーザームービーも公開されているので、ライブの壮大な世界観を一目見てほしい。

2020年、ワールドツアーを中止せざるを得なかったRADWIMPS。時代とともに新しい音楽体験のあり方を追求し続けている彼らの考えへが存分に反映されたヴァーチャルライブに、是非参加してみてはいかがだろうか。

RADWIMPS・野田洋次郎 コメント

今回、このVARPの話をもらう少し前に壮大な夢を見ました。
巨大な滝、荒廃したビル群、そこを行進していく幾千もの群衆。
こんな夢は見たことがなく、印象に強く残っていた時にこのお話をもらいました。
偶然では片付けられないものを感じ、
この仮想空間の中に僕たちの未来を、ヒントを探せたらと思い
PARTYの皆さんと一緒にこの冒険に出ることになりました。

まだまだ見えない未来に進んでいく僕たちですが、
このVARPの世界の中で今までにないような距離でお互いを感じあい、
心を共有し合うことができたらと願っています。
この旅を共に歩んでもらえたら嬉しいです。

EVENT INFORMATION

RADWIMPS<SHIN SEKAI>

アメリカ・ヨーロッパ・アジアなど、世界各国への配信を予定しています。

日程:2020年12月29日(火)・30日(水)
主催:voque ting
企画制作:PARTY/and tokyo
参加方法:専用アプリ「SHIN SEKAI」をダウンロード(後日詳細発表)
利用環境:iOS/Android
対応言語:日本語/英語

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる