オススメJ-Indieプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』更新 JamFlavor、Ai Kakihiraなど|11月4週目

News
DIGLEとアーティスト支援サイト「BIG UP!」が協力してお届けするインディーズアーティストをピックアップしたプレイリスト『DIG UP! - J-Indie -』。11月4週目のカバーはJamFlavor。

今週の「DIG UP!-J-Indie-」注目のアーティスト

Fade Out / JamFlavor

MA’LILHODAKAによるR&Bデュオ、JamFlavorによる新シングル。9月にリリースされた「CRY~戻りたい夜を~」と同様に、11月26日公開の映画『幕が下りたら会いましょう』へ書き下ろされた楽曲です。度々使用されるボーカルチョップが壮大なスケールを演出し、トレンドを抑えたオルタナティブR&Bチューンに仕上がっています。ダークな雰囲気のトラックの上でセクション毎に切り替わる2人のボーカルパートが印象的で、曲中全編で漂っているウェットな質感がクールです。

ADA / Ai Kakihira

SSW/クリエイターとして東京を拠点に活動するAi Kakihiraの新曲。サックス奏者・ムラカミダイスケをゲストに迎え、実験的な音作りに挑戦した意欲作です。オリエンタルとデジタルが織り混ざり、どこかYELLOW MAGIC ORCHESTRAの『BGM』と似たような空気感を彷彿とさせます。

Together / Sala

2021年3月に熊井吾郎FLEURとのコラボ曲「Bossa」をリリース、最近では三井アウトレットパークのTVCMを歌唱するなど、各所で話題を呼んでいるR&B/HIP HOPシンガー、Salaの新曲。サウンドプロデューサーにShin Sakiuraを迎えており、軽快な16ビートをベースにした楽曲に仕上がっています。無邪気だった頃を思い出しながら、新しい光に向かって前進していくような、懐かしさと希望を持ったR&Bチューンです。

Origami wo Kimi ni / Aesop Boy

インストゥルメンタルプロジェクト、Aesop Boyの新曲は、〈origami PRODUCTIONS〉によりフリー提供された関口シンゴの音源を編集し、バックトラックとして使用した楽曲。ソフトな質感と踊れるグルーヴを同居させたリズミカルなトラックの上で、シンセサイザーの繊細なメロディが展開されていきます。優しく陽の差す部屋で聴いて踊りたくなるダンスチューンです。

surely / ar syura

Ba/VoのAki Kawanoとコンポーザーのyohkyuが、2021年1月より活動開始させた音楽ユニットar syuraが早くも11作目のシングルをリリース。井高寛朗がエレクトリックピアノ(ウーリッツァー)とシンセサイザーで参加した本作は、ジャズやファンクなどのグルーヴィな音楽性を基に実験精神に富んだ1曲。「心でうずくまる私を見つけて欲しい」というメッセージが散漫な楽器隊の中に散りばめられ、一種の呪文にも聴こえてくるような不思議な世界観が魅力です。


その他、注目のリリースにはASS MAGICgbパスピエなどがラインナップされています。

第2,4木曜日更新のSpotifyセレクト『DIG UP!-J-Indie-』

DIGLE MAGAZINEは他にも毎日プレイリストを紹介しています

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる