LITEのベーシストJunIzawaとWOZNIAKによる共作楽曲「Fubuku」リリース!昨年のライブ映像公開

News

文: DIGLE編集部 

LITEのベーシストである井澤惇(JunIzawa)とWOZNIAKがリモートで共作した楽曲「Fubuku」をデジタルリリースした。本楽曲のリリースに合わせて2021年に渋谷FS.で行われたライブ映像も情報解禁と共に公開。

LITEのベーシストである井澤惇(JunIzawa)とWOZNIAKがリモートで共作した楽曲「Fubuku」をデジタルリリースした。本楽曲は、JunIzawaがベース一本とPCのみでソロライブを行う際に、作成した楽曲をWOZNIAKによってリアレンジ、全てをリモート制作の中で完結させた作品となる。

コメント

2021年、春に緊急事態宣言が発令された時、5月に予定していたLITEのワンマンライブが延期になった。
このライブの為に色々な準備を進めていた時だったので、一つのライブと言えど、僕らにとっては苦渋な決断だった。
10月に延期が決まったとして、そこに繋げるまでのプランニングはまだ無かった。
それまでの準備期間で何が出来るのか?そんな事ばかり考えた。
ソロでライブ活動を始めたのはそんな動機だった。
ライブ活動を絶やす事は したくなかったし、自分の楽曲制作の幅も広げれるんだから、自然とそういう考えに落ち着いた。
元々、作曲段階で僕は何十ものフレーズを生み出す。
その中から一番今聞かせたいものに 厳選したものが一つの楽曲となる。
楽曲が出来るまでに紆余曲折し、沢山のアレンジを試みている中で捨てられたフレーズ達を集めて再編し、再構築したのが、今回の楽曲 「Fubuku」の原曲となる。
その曲を僕はソロライブで演奏し続けた。
WOZNIAKと2マンライブをする機会があったので、ライブの中でコラボレーションできるようにWOZNIAK=星優太にリアレンジを申し込んだ。
彼は、すぐに快諾してくれ、オンライン上でテレビ電話しながら、制作を進めた。
こうして、幾度も試みては消えていった「曲の結晶達」を再構築させて生まれた楽曲に、 WOZNIAKの新しい風が吹きこまれ、完成した。
そう言う意味でこの楽曲は「Fubuku」こととなった。

JunIzawa

また、本楽曲のリリースに合わせて2021年に渋谷FS.で行われたライブ映像も情報解禁と共に公開され、JunIzawaはソロで地方ツアーも決定。こちらも合わせてチェックしてみよう。

RELEASE INFOMATION

JunIzawa, WOZNIAK『fubuku』

Digital
FRIENDSHIP.

Track:
1. fubuku

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる