フローティング・ポインツ、新曲「Vocoder」をリリース!最新アルバム『Crush』は期間限定スペシャル価格で発売中

News

文: DIGLE編集部  編:Kou Ishimaru 

昨年はファラオ・サンダース&ロンドン交響楽団とのコラボ作『Promises』で多数のメディアで年間ベストを獲得、今年は宇多田ヒカルの最新アルバム『BADモード』へプロデューサーとして参加し話題を呼んだフローティング・ポインツが、新曲「Vocoder」をリリース。なお、最新アルバム『Crush』はスペシャル価格で発売中。

マンチェスターに生まれ、現在は作曲家/プロデューサー/DJとしてロンドンを拠点に活動するフローティング・ポインツ。昨年はファラオ・サンダース&ロンドン交響楽団とのコラボ作品『Promises』でThe Guardian(Contemporary)、TIME Magazine、The New York Times(Jazz)、Mojo、The Vinyl Factoryほか多数のメディアで年間ベストの1位を獲得、そして今年に入ってからは宇多田ヒカルの最新アルバム『BADモード』へプロデューサーとして参加し大きな話題を呼んだ彼が、新曲「Vocoder」をリリース。

また、初期衝動への原点回帰と音楽的な進化を同時に果たしたセカンド・アルバムとして2019年にリリースされた『Crush』の日本盤CDが期間限定スペシャル・プライスで発売中。国内盤CDはヴィンテージ・ハードウェアで制作された至高の音像をより堪能できる高音質UHQCD紙ジャケ仕様で、ボーナス・トラック「LesAlpx Dub – (JAPANESE SPECIAL EDITION)」が追加収録されているので、こちらも是非チェックしてみてほしい。

RELEASE INFORMATION

『CRUSH』

2019年10月18日
Floating Points
〈Ninja Tune〉

【TRACKLIST】
01. Falaise
02. Last Bloom
03. Anasickmodular
04. Requiem for CS70 and Strings
05. Karakul
06. LesAlpx
07. Bias
08. Environments
09. Birth
10. Sea-Watch
11. Apoptose Pt1
12. Apoptose Pt2
[Bonus Track for Japan (BRC-615LTD/BRC-615)]
13. LesAlpx Dub – ((JAPANESE SPECIAL EDITION))

『VOCODER』

2022年3月9日
Floating Points
〈Ninja Tune〉

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる