<Coachella>、2026年までYouTubeで無料ストリーミング配信決定

News

文: DIGLE編集部 

音楽フェスティバル<Coachella>が、2026年まで同フェスティバルがYouTubeのプラットフォームで無料でストリーミングされることが決定。高品質なライブストリーミングに加え、アーティストの舞台裏に潜入するコンテンツや、限定商品の販売、ライブチャット、アーティストとのオンラインアクティベーションなどを展開する。

北米最大級の音楽フェスティバル<Coachella>が、YouTubeとのパートナーシップを更新し、2026年まで同フェスティバルがYouTubeのプラットフォームで無料でストリーミングされることが決定した。YouTubeでストリーミング配信されるのは、2023年で11年目となる。

『YouTube』の公式ブログによると、1月17日にコーチェラのプロモーターであるGoldenvoiceとのパートナーシップを更新。今後もYouTubeチャンネルを通して高品質なライブストリーミングに加え、新しい要素を連携して取り入れていくという。『YouTube Shorts』でアーティストの舞台裏に潜入するコンテンツや、『YouTube Music』によるプレイリストの公開、『YouTube Shopping』での限定商品の販売、『YouTube Premium』の会員向けの限定コンテンツ、ライブチャット、アーティストとのオンラインアクティベーションなどを展開していくそうだ。

また、YouTube Shortsを通じて、パフォーマンスや舞台裏の映像をオンデマンドで配信するほか、ライブチャット機能も提供。Goldenvoiceの社長であるPaul Tollettは、今回の提携について”Coachellaを世界中のすべての人に届ける “と述べている。

4月14〜16日、4月21〜23日にかけて開催される<Coachella 2023>のラインナップには、Bad Bunny、BLACKPINK、Frank Oceanがヘッドライナーとして出演することが決定。その他にもBurna Boy、Gorillaz、boygenius、Björk、Rosalía、The Chemical Brothers、Charli XCX、Wet Leg、Pusha T、Yungblud、Kali Uchisなどなど、豪華な面々が名を連ねている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる