シンガーソングライター・大石晴子が両A面シングル『ランプ/巡り』を配信限定リリース

News

文: DIGLE編集部 

シンガーソングライター・大石晴子が両A面シングル『ランプ/巡り』を4月8日(水)に配信限定でリリース。

昨年リリースの1st EP『賛美』が多方面で評価され注目が高まるシンガーソングライター・大石晴子が、最新作となる両A面シングル『ランプ/巡り』を発表。4月8日(水)より配信限定でリリースされました。

都市の流れを俯瞰し、脈動するシティソウル「ランプ」と、静かなサウンドの上に言葉が息づく「巡り」の2作からなる今作は、ミックス・レコーディングを折坂悠太さとうもかなどの作品を手がけた中村公輔が担当。

『賛美』では”祈り”を歌うのは大石晴子本人であったが、今回の2曲は対になって一つのテーマで貫かれており、彼女の表現の芯がより太くなった証と言えるように、街や人を俯瞰し、それらにそっと灯りを灯すような祝福を捧げた作品となっています。

リリースに合わせ、ライター・峯大貴によるレビューや本人によるコメントを掲載した特設サイトも開設されています。

INFORMATION

ランプ/巡り(ランプ/メグリ)

■トラックリスト:
1. ランプ2. 巡り

■発売日:2020年4月8日(水)
■リリース形態:配信

大石晴子

大阪生まれ神奈川育ち。生活の機微を、美しくも不思議な響きのメロディで歌うシンガーソングライター。早稲田大学のソウルミュージックサークルで出会ったR&Bフィーリング、お笑いラジオ番組のヘヴィーリスニングで体得した鋭利な言語感覚、愛犬家。2019年8月ファーストEP「賛美」リリース。年末には奈良開催「森のホルン」や大阪開催「timeloop」に参加するなど、都内外問わず演奏活動を行う。個性的且つ芳醇な匂いを醸し出す楽曲群。繊細さと強さ、ポップとブルース、相反するものが揺れ動く歌声は聴く人の胸を打つ、祝福。大阪生まれ神奈川育ち。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる