mei ehara、jan and naomiなど、編集部おすすめ曲プレイリスト『DAILY DIGLE』

News

文: 梶野有希 

DIGLE MAGAZINE編集部がTwitterで毎日お届けしているおすすめ曲『DAILY DIGLE』。4月27日から一週間分の楽曲をまとめてご紹介します。

DAILY DIGLE(4月27日〜5月3日)

Alice Longyu Gao『Rich Bitch Juice』

インタビュイー画像

Etoo:

i-DにNYCで最もクールな原宿インスパイアのチャイニーズDJと評されてる彼女。原曲も良いんですがこのLaura Les Remixはサウンドの緩急とブチ上がる音作りが最高です。

mei ehara『昼間から夜』

インタビュイー画像

久野:

程よいレゲエっぽさが春にぴったりな気分です。詞も素晴らしくて、優しい音の中で“明日は確か いつも?”というフレーズがピリリと効いています。フィッシュマンズ好きな方はぜひ!

jan and naomi 『Amber』

インタビュイー画像

黒田:

ゆりかごに揺られながら、永遠に覚めない夢を見るような蠱惑的な1曲。この曲を聴いている間は、現実の向こう側に連れていかれる。来月リリースされる2枚のアルバムが待ちきれない。

Kllo 『Still Here』

インタビュイー画像

Asahi :

エレクトロポップデュオ・Klloが7月17日にリリースするニューアルバムに先駆けリリースした一曲。UKガラージを彷彿とさせるビートと、柔らかいボーカルの歌声が絶妙にマッチして心地よいです。

DADARAY『美しい仕打ち』

インタビュイー画像

あき:

強気な口調で華奢な気持ちを描いた1曲。リリックでは「”酷い”仕打ち」と綴るも、曲名には”美しい”とつける矛盾に折れそうな強さを感じます。聴くだけでは想像できない予想外の結末を迎えるMVも是非。

‪iann dior『Sick and Tired』

インタビュイー画像

Ishimaru:

‬‪Machine Gun KellyとブリンクのTravis Barkerのコラボ。トラヴィスの8ビートとサブベースの組み合わせはもう最高。トラップみたいに跳ねながら踊る8ビート今一番憧れるかも。

Dvwn『Last』

インタビュイー画像

Akari:

1秒目からぽーんと宙に放たれた歌声に惹き込まれる。一番暗い闇は、日が昇るまで近いことを意味する。辛いことにもいつか終わりが来るから、希望を捨てず毎日をただ一生懸命に生きよう。

DIGLE MAGAZINE編集部おすすめ曲プレイリスト『DAILY DIGLE』

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

梶野有希

97年生まれ。ライブハウスとインディーズロックが大好きです。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる