豪州シンガー・DVNA「Sushi In Tokyo」リリース 恋愛を寿司に喩えたシティポップ曲

News

文: Kou Ishimaru 

オーストラリアのシティ・ポップ・シンガーDVNA(ダーナ)が、シングル「Sushi In Tokyo」をリリース。

オーストラリア・ゴールドコーストのベッドルームから産まれたシティ・ポップ・シンガー、DVNA(ダーナ)が、シングル「Sushi In Tokyo」をリリースした。

DVNAは近年盛り上がりを見せているシティ・ポップの聖地とも言われるここ日本でも、リリース前から既に高い評価を受けているシンガー。日本デビューシングルとなる「Sushi In Tokyo」は、DVNAの極上なポップセンス、スムージーで官能的な歌声が耳の中を駆け巡り、ネオン輝く夜の街でのドライブを彷彿とさせるシティ・ポップ・チューンだ。

サビで展開される印象的なフレーズ“Rolled up like sushi in Tokyo”-「東京の寿司みたいに巻かれちゃう」では、寿司のネタとシャリの比率を、恋愛の駆け引きに例える比喩表現を用いてオーストラリアからSushiを日本に逆輸入。高校で日本語を勉強し、日本の文化が大好きだというDVNAは、友達といつもラーメンを食べているという。

オーストラリアで開催された<2020 Gold Coast Music Awards>では、SONG OF THE YEARを受賞し、次回作も鋭意制作中というDVNA。オーストラリアでも、ここ日本でも彼女の活動から目が離せなくなりそうだ。

DVNAによる曲紹介

Sushi In Tokyoという曲は、愛や欲望というフィールドにおいて新しいことを経験したいという気持ちを歌っています。自分自身を発見して、あらゆる可能性に気付ける機会が大事だと。表現の自由を追求する上で、日本の東京以上に適した場所はないと思ったので、「Tokyo」というワードを曲名に入れました。真夜中の醸し出す情景や男女の関係性における悪ふざけを思い起こさせるような曲になっていると思います。東京の街の喧騒を想像しているうちに、東京の鼓動をクールな100bpmで音楽的に捉えようとしたんです。雰囲気のあるキーボードの音色で全体のトーンを暗めにして、ディープなベースラインの周りを踊っている、そんなイメージです。

コメント

Sushi In Tokyoを気に入ってくれたら本当に嬉しいです。東京という街の音、色、そして努力する必要のないくらいクールな文化に触発されて書いた曲です。みんなに会いに行って、実際にその場所で演奏するのが待ちきれません!

INFORMATION

アーティスト名:DVNA,ダーナ
タイトル:Sushi In Tokyo
収録曲:Sushi In Tokyo
発売日:2020年7月31日(金)
発売形態:配信限定

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる