君島大空、新作EP『縫層』11月11日リリース決定 西田修大、新井和輝、石若駿も参加

News

文: 梶野有希 

フジテレビの音楽番組「LOVE MUSIC」の2020 年8 月度テーマ曲の起用など、急速に注目度が上がってきている気鋭の音楽家、君島大空が待望の2nd EP『縫層』を11月11日(水)にリリース決定。君島大空合奏形態のメンバー、西田修大、新井和輝、石若駿も参加して作られた楽曲「笑止」も収録予定。

気鋭の音楽家、君島大空が待望の2nd EP『縫層』を11月11日(水)にリリースすることが決定した。

<FUJI ROCK FESTIVAL ’19 >のROOKIE A GO-GOへの出演やNHK Eテレにて放送の『no art, no life」』のテーマ曲やフジテレビの音楽番組『LOVE MUSIC』の2020年8月度テーマ曲の起用など急速に注目度が上がっている中、1st EP『午後の反射光』から1年半ぶりのEPリリースとなる君島大空。

タイトルである縫層という言葉は、内省のいつも雨が降っている場所、ひらかれた空の手前にある雲のようなもの、声や顔の塊、同音意義の包装や癒着という言葉が投影されるような、人がひとりの中で編み、勝手に育っていってしまう不安や喜びの渦を指す造語であり、そこへの体や感覚の反動、というコンセプトが貫かれた作品集となっている。

収録曲は配信リリース後もロングセラーが続く「火傷に雨」や「散瞳」などライブでもお馴染みの曲から、書き下ろしの新曲「傘の中の手」、タイトル曲「縫層」 等を含んだバラエティ豊かな楽曲が並び、リードトラックであるプログレッシブなギターリフが印象的なアッパーチューン「笑止」は、君島大空合奏形態のメンバー、西田修大新井和輝石若駿も参加。合奏形態のメンバー達が揃って参加し作られたのは初めてのことで、新しい制作方法に手応えを感じたという意欲作になっているそうだ。

今まさにその活動が大きく注目される君島大空の2nd EP『縫層』をお楽しみに!

INFORMATION

タイトル:縫層(読み:ほうそう)

価格:2000円+消費税
発売日:2020年11月11日(水)

収録曲 
01.旅
02.傘の中の手
03.笑止(読み:しょうし)
04.散瞳(読み:さんどう)
05.火傷に雨
06.縫層(読み:ほうそう)
07.花曇(読み:はなぐもり)

初回封入特典:未収録音源ダウンロード用QRコード
タワーレコード購入特典:ライブ音源収録特典ディスク

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

梶野有希

97年生まれ。ライブハウスとインディーズロックが大好きです。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる