ハードなロックを奏でるメイド5人組。BAND-MAIDの「最近ハマっている曲」|プレイリスト連載1/4

Playlist

文: 斎藤加織 

BAND-MAIDがテーマごとにお気に入りの曲をコメントと共に紹介する全4回のプレイリスト連載企画。最初は『最近はまっている曲』をテーマに選曲してもらいました。

BAND-MAIDのメンバーが選ぶ最近はまっている曲

ひび割れた世界 / majiko

インタビュイー画像

MIKUのセレクトポイント:

majikoさんの声が小鳩はすごく気持ちよくてスッと入ってくるので、気持ちをオフにしたいときやなーんも考えたくない時によく聴いてるっぽ。

Welcome to the family / Avenged Sevenfold

インタビュイー画像

KANAMIのセレクトポイント:

ギターのバッキングのザクザク感が気持ちよくて最近良く聴いています!このダークなサウンドはやみつきになってしまいます。

I Love LA / Starcrawler

インタビュイー画像

SAIKIのセレクトポイント:

StarcrawlerはCDショップでたまたま見つけたバンドでした。ジャケに惹かれてその場で視聴して心をグッと掴まれました。「プロデューサーにライアン・アダムス」と書いてあったのを見て納得もしました。年齢はとても若くてビックリだったけど、発言も攻撃的だったり曲にも出ていてとても刺激をもらっています。

Nada / Ruido Rosa

インタビュイー画像

MISAのセレクトポイント:

このバンドは友達に教えてもらったメキシコのガールズバンド。とてもかっこいいなぁと思って最近よく聴いてます。この曲はそのうちの一つで、移動中に聞くことが多いですね。このガールズバンド、全員かなりの美人なのに渋い曲。声も可愛いんですよ…。ずるいなー。いつか、私たちももっともっと頑張って海外で対バンしたい!!個人的に(笑)、そう思ってます。

君とインドカレー / コレサワ

インタビュイー画像

AKANEのセレクトポイント:

コレサワちゃんは大好きでいつも聴いていたのですが、「君とインドカレー」は耳に残るメロディと歌詞が忘れられず何度もリピートしてしまいます。コレサワちゃんの書く歌詞はいつもストレートでキャッチーでストーリー性があり、曲のテンポも良くて聴いていて楽しいです!面白いし感動出来るし全く飽きがこない!


BAND-MAID Favorite Songs Playlist

LIVE INFORMATION

BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018-2019【侵略】

2018/09/12(水)神奈川・川崎CLUB CITTA’
2018/09/15(土)石川・金沢EIGHT HALL
2018/09/17(月・祝)新潟・studio NEXS
2018/09/22(土)広島クラブクアトロ
2018/09/24(月・祝)岡山CRAZYMAMA KINGDOM
2018/09/28(金)愛知・ZEPP NAGOYA
2018/09/30(日)宮城・仙台Rensa  
2018/10/07(日)香川・高松MONSTER
2018/10/08(月・祝)大阪・なんばHatch
2018/11/04(日)札幌ペニーレーン24
2018/11/30(金)福岡DRUM LOGOS  
2018/12/01(土)熊本B.9V1
2018/12/08(土)京都FANJ
2018/12/09(日)兵庫・神戸Harbor Studio
2018/12/14(金)長野CLUB JUNK BOX
2018/12/16(日)山梨・甲府CONVICTION
2019/01/11(金)東京・新木場STUDIO COAST
2019/01/12(土)東京・新木場STUDIO COAST

【WORLD TOUR】BAND-MAID WORLD DOMINATION TOUR 2018【宣告】~senkoku~

■Nov 09th, Los Angels, Lodge Room
■Nov 10th, San Francisco, The Chapel
■Nov 14th, Helsinki, Nosturi
■Nov 16th, Amsterdam, Melkweg
■Nov 17th, London, The Dome
■Nov 18th, Paris, Backstage
■Nov 21st, Berlin, SO36
■Nov 22nd, Munich, Feierwerk
詳細はBAND-MAID Official Siteをチェック!

BAND-MAID Profile

2013年7月結成、同年8月に現在のラインナップとなる。
メイドの姿をした5人組ロック・バンドである。
~ありそうでなかった、メイドのバンドのガチロック~
衣装はメイド服で、ライブを『お給仕』、観客を『ご主人様』・『お嬢様』と呼び、メイドの世界観を演出する一方で、ビジュアルとは相反するハードなロック・サウンドを武器に観る人を魅了し、既に日本だけに留まらず、海外のご主人様、お嬢様にも熱狂的に受け入れられている。
2016年3月には世界8ヵ国9カ所で初ワールドツアーを開催し、7,000 人以上を動員。2017年は、バンド初のワンマンツアーを全国 6 カ所(8 公演)で開催し、チケットは全公演 SOLD OUT 。
11月24日には新木場スタジオコーストにてツアーファイナルを行い、即日完売となる。12月9日は追加公演のZEPP DIVERCITY TOKYOを成功させる。2018年は世界征服を高らかに掲げ、2月にその名を冠したフルアルバム「WORLD DOMINATION」リリースを皮切りに、4月開催のツアーにてZEPP TOKYOをSOLD OUTさせる。6月にはワールドツアーをスタート。初日メキシコは即日完売を記録。7月25日には3rdシングル「start over 」をリリース。8月には国内の主要ロック・フェスに多数出演が決定し、世界規模で本格的にメイド旋風が吹き荒れている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる