上海のエディター・Didi Huが選ぶプレイリスト | Fred Perry Subculture

FRED PERRY

文: DIGLE編集部 

イギリスのオーセンティックなファッションブランド「フレッドペリー(FRED PERRY)」が手掛ける、連載企画『Subculture』。その中から上海のエディター・Didi Huをご紹介。

Didi Huが選ぶブリティッシュ・サブカルチャーを巡るプレイリスト

今回のゲストは、上海のエディター・Didi Hu(ディディ フー)。

Didi Huが作成したプレイリストには、繰り返し聞いた最初の曲であるSlum Villageの「Fall in Love」、A Tribe Called Questの「Electric Relaxation」、永遠に持ち続けたいお気に入りのレコードに挙げたMadLibの『Shades of Blue』より「Slim’s Return」、インスプレーションを与えられた歌詞に挙げたLauryn Hillの「Everything Is Everything」、オールナイト後に聴くのに最高の曲にあげたJ DillaCommonD’Angeloによる「So Far to Go」など、全12曲が収録されています。

フレッドペリー・サブカルチャーのwebサイトでは、プレイリストの他にも彼女の音楽ルーツがより詳しく掲載されたインタビュー記事を公開中なのでぜひチェックしてみてください。

Fred Perry Subculture Interview Page

名前:Didi Hu(ディディ フー)

中国出身。上海をベースに活動するエディター。

Didi Huのブリティッシュ・サブカルチャーを巡るインタビューはこちら。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる