聴かずに死ねない 90sUKロック5選 Oasis 、Blurら|mini playlist vol.3

miniplaylist

文: DIGLE編集部  編:Mizuki Saigo 

テーマに合わせて、厳選した5曲を紹介する「ミニプレイリスト企画」。第三回目は「聴かずに死ねない 90sUKロック」をテーマに、Oasis「Live Forever」やBlur「Girls And Boys」など、90年代を代表するUKロックの名曲をセレクト。

DIGLE MAGAZINEがテーマに合わせて、厳選した5曲を紹介する「ミニプレイリスト企画」。第三回目は「聴かずに死ねない 90sUKロック」をテーマに、90年代を代表するUKロックの名曲をセレクトしました。今もなお耳にする、名曲ばかりです。

英詞がかっこいい 国内バンド5選

Oasis「Live Forever」

デビューアルバム『Definitely Maybe』収録曲。UK史上最高の楽曲を決める投票で1位を獲得している名曲です。

Blur「Girls And Boys」

​​オアシスと並びブリットポップ代表格であるBlur。こちらは3rdアルバム『Parklife』のトップを飾るエレクトロポップ。

Primal Scream「Creep」

今年リリース30周年を迎えた『Screamadelica』収録曲。ロックとテクノを融合させたサウンドは歴史に残る名作。

Radiohead「Creep」

1992年リリースの『Pablo Honey』収録曲。ライブで披露される機会が少なく、サマソニでの演奏は伝説として語られています。

Happy Mondays「Step on」

マンチェスター・ムーヴメントを象徴するHappy Mondays。こちらは1990年リリース『Pills Thrills & Bellyaches』収録曲。

ミニプレイリストは毎日更新中

DIGLE MAGAZINE 公式SNSでは、早耳の音楽リスナーの間で話題の音楽情報だけでなく、皆さんのオススメ曲も随時募集してシェアしています。気軽に話せるアカウントなので、ぜひフォローして参加してみてください!

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる