引越しの時に聴く 邦楽ソング 5選 Official髭男dism、Perfumeら|mini playlist vol.97

miniplaylist

文: Kou Ishimaru  編:Kou Ishimaru 

テーマに合わせて、厳選した5曲を紹介する「ミニプレイリスト企画」。第97回目は「引越しの時に聴く 邦楽ソング」をテーマにOfficial髭男dism「パラボラ」、Perfume「ワンルーム・ディスコ」など、いろんな感情が溢れる引越しの時のために、前を向ける楽曲をセレクト。

DIGLE MAGAZINEがテーマに合わせて、厳選した5曲を紹介する「ミニプレイリスト企画」。第97回目は「引越しの時に聴く 邦楽ソング」をテーマに、いろんな感情が溢れる引越しの時のために、前を向ける楽曲をセレクトしました。片付け中や引越し先へ向かう道、新居で是非BGMにしてみてください。

引越しの時に聴く 邦楽ソング 5選

Official髭男dism「パラボラ」

引越してきた日の、まだ慣れない部屋の風景に共感しつつも、歌詞や力強い歌声が新生活への希望を与えてくれる曲。

Perfume「ワンルーム・ディスコ」

一人暮らしの不安も、なんとかなる!と前向きに考えていく歌詞がキュート。ダンサブルなサウンドで、片付け準備も捗りそう。

Homecomings「Moving Day Pt. 2」

「Moving Day part1」の続編となる曲。恋人と別れ、新しい街での生活を始める爽やかさと切なさが甘酸っぱい。

羊文学「あの街に風吹けば」

晴れ晴れとした気持ちが伝わる歌声が印象的。<わたし今とても幸せよ>と歌うように、あなたの新生活もきっと充実するはず。

Helsinki Lambda Club「引っ越し」

居心地の悪い場所にいるなら、海の底でも火星でも好きなところへ行けばいい。そんな自由な気持ちになれる曲。

ミニプレイリストは毎日更新中

DIGLE MAGAZINE 公式SNSでは、早耳の音楽リスナーの間で話題の音楽情報だけでなく、皆さんのオススメ曲も随時募集してシェアしています。気軽に話せるアカウントなので、ぜひフォローして参加してみてください!

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる