MATSURIのプレイリスト『MATSURIが生み出す新しい“ハレ”という世界観』vol.3|和ぬか、パスピエなど

Rensai

文: DIGLE編集部 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。今回は、沖縄在住のアーティスト、MATSURIが“非日常・特別”を感じられる楽曲を集めたプレイリスト『MATSURIが生み出す新しい“ハレ”という世界観』を4週に渡ってお届けします。

ーあなたは、どんなプレイリストを作る?

アーティストの方にテーマを決めていただき、それに合わせた楽曲を紹介していただくプレイリスト連載。隔週で4回に渡り、プレイリストの楽曲を更新していきます。

沖縄在住のアーティスト、MATSURIが「ハレ」と呼んでいる、“特別な瞬間・思い出の記憶に対して感じるどうしようもなく切ない気持ち、懐かしいような羨ましいような感情”。今回の連載では、そんな非日常・特別を意味する「ハレ」を感じられる楽曲をご紹介します。

Profile

MATSURI

沖縄県在住のアーティスト、MATSURI。

2021年の4月にリリースした1st digital single「金魚すくい」がテレビ東京系連続ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」の主題歌に抜擢され、新人ながら注目を集めた。その後も2nd digital single「蛍」では、話題の書道アーティストとコラボした配信ジャケットを公開。3rd digital single「線香花火」リリースのタイミングでは、沖縄県に住みながらも全国・世界に音楽を届けていくエリアレスな活動が評価され、日本最大級のSDGsイベントにZ世代の代表としてアンバサダーにも選ばれた。

祭りの日から感じられる“特別な気持ち”“不思議な気持ち”“ワクワクする気持ち”を MATSURI の音楽からも感じてもらいたい。そんな想いから「祭りの日」をコンセプトに楽曲を制作。同世代で悩んでいる人や居場所が見つけられない人にとってのハレの日のような存在になれるアーティストとして活動していく。

Track9-12

MATSURI「ハレノヒ」

インタビュイー画像

MATSURIのセレクトポイント:

別の世界に足を踏み入れたかのような異国情緒あふれるメロディと、日本独自の季節の移ろいの美しさを表現した歌詞。これから「ハレノヒ」を始めるよという意志を表現した曲は、若い世代の方も勿論ですが、もしかすると「⻘春の記憶」がある大人の方にもわくわくしてもらえるんじゃないかなと感じています。

MAISONdes, 和ぬか, asmi「ヨワネハキ」

インタビュイー画像

MATSURIのセレクトポイント:

リズム感がクセになる一曲。歌詞の語呂の良さやキャッチーさは、ついつい口ずさみたくなります。ずっと弱音を吐いている主人公。でも最後には心機一転、「試しにちゃんと生きてみよう」というフレーズで終わります。気持ちに寄り添いつつも、最後には前を向けるような新しい応援ソングのように感じます。

パスピエ「永すぎた春」

インタビュイー画像

MATSURIのセレクトポイント:

「儚いものこそが美しいものであった」最初に来るこのフレーズにグッと心を掴まれました。⻘春を謳歌していたあの頃。過ぎ去ってから「あぁ、あの頃って何をやっていても無敵だったんだな」と、ようやく認識しますよね。 「美しさ」と「儚さ」が伝わってくる、まさにハレを感じられる一曲です。

クリープハイプ「月の逆襲」

インタビュイー画像

MATSURIのセレクトポイント:

月は何に対して逆襲をしてるんだろう?最後の方の「太陽は昇らず月が輝くそんな夜の中に居たいよ」というフレーズで、太陽に逆襲しようという事なのかなと解読しました。月が昇る夜が愛おしく、太陽が昇る昼がまだ来てほしくないという気持ち、すごく共感します。寝る前の何よりも大好きな時間にこの曲を聴きたくなります。

MATSURI PLAYLIST『MATSURIが生み出す新しい“ハレ”という世界観』

Profile

MATSURI

沖縄県在住のアーティスト、MATSURI。

2021年の4月にリリースした1st digital single「金魚すくい」がテレビ東京系連続ドラマ「私の夫は冷凍庫に眠っている」の主題歌に抜擢され、新人ながら注目を集めた。その後も2nd digital single「蛍」では、話題の書道アーティストとコラボした配信ジャケットを公開。3rd digital single「線香花火」リリースのタイミングでは、沖縄県に住みながらも全国・世界に音楽を届けていくエリアレスな活動が評価され、日本最大級のSDGsイベントにZ世代の代表としてアンバサダーにも選ばれた。

祭りの日から感じられる“特別な気持ち”“不思議な気持ち”“ワクワクする気持ち”を MATSURI の音楽からも感じてもらいたい。そんな想いから「祭りの日」をコンセプトに楽曲を制作。同世代で悩んでいる人や居場所が見つけられない人にとってのハレの日のような存在になれるアーティストとして活動していく。

RELEASE INFORMATION

『ハレノヒ』

2022年4月20日(水)
MATSURI
配信リリース / CD ¥1,500(税込)

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる