NEIGHBORS COMPLAIN

NEIGHBORS COMPLAINが選ぶ『ツアー移動中にテンションがあがる曲』Anderson .Paakなど | プレイリスト連載1/4

Rensai

文: Asahi 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。今回はNEIGHBORS COMPLAINが選ぶ『ツアー移動中にテンションがあがる曲』をご紹介。今週はVo.KeyのOtoさんがセレクト。

NEIGHBORS COMPLAINのOtoがセレクトする『ツアー移動中にテンションがあがる曲』

Tints / Anderson .Paak


インタビュイー画像

Otoのセレクトコメント:

イントロのギターのフレーズが僕にとって”出発”を感じさせます。
お気に入りのポイントは時折出てくるキメ。ドラマーならではのこだわりを感じる。

The Girl That’s Underneath / Jake Miller‪‪


インタビュイー画像

Otoのセレクトコメント:

景色の移り変わりがみえるような曲の構成に気分が上がる。
歌い出しの息使い、サビに入った時のパワフルな歌声の使い分けにシビれる。

King Kunta / Kendrick Lamar


インタビュイー画像

Otoのセレクトコメント:

‪サビのギターや転調などに、この人のセンスを感じる。
よし、今日も行くぞ!と気合いが入る曲。

Drive / Dornik


インタビュイー画像

Otoのセレクトコメント:

ドラム、ベース、ギター、ピアノ、4つの楽器が歯車のように噛み合いながら転がる疾走感が心地よくて聴き込んでしまう。
僕の敬愛するマイケルジャクソンが舞い降りてきたような衝撃。


毎週更新!NEIGHBORS COMPLAINセレクトプレイリスト



NEIGHBORS COMPLAIN Profile

2014年大阪にて結成。エモーショナル&SEXYなOtoのヴォーカル、New Classic Soul、Black Contemporary、NJS、Rare Groove(Philadelphia Soul, Sal Soul等)のバックボーン、そのヴォーカル&サウンド・メイクは、ファレル・ウィリアムス、ブルーノ・マーズ、メイヤー・ホーソーン、TUXEDOなどを彷彿させる新世代セルフ・コンテインド・バンド。2017年7月1st アルバム「NBCP」、2018年7月シングル「In Our Life Steps」をリリース。
2018年3月にはジャカルタの世界的フェス「JAVA JAZZ FES.2018」に日本人アーティスト代表として出演するなど、海外へも活動の場を広げている。現在、2019年1月にリリースした2nd アルバム「BRIDGE」のツアー真っ只中だが、早くもセカンドツアー「Pitch441」が決定。

オフィシャルサイト

INFORMATION

【NEW RELEASE】2stアルバム『BRIDGE』

2019年01月23日 リリース

M1.LST/D
M2.Aurora
M3.Escape
M4.In our life steps
M5.Between Real and Dream
M6.Weekend
M7.SAYONARA愛しき人
M8.モノクロノユメ
M9.Precious Love

SpotifyApple MusiciTunes

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Asahi

世界中の全てのアートを愛しています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

NEIGHBORS COMPLAIN
閉じる