大久保紅葉が選ぶプレイリスト『MOMIJI OHKUBO history』Etta James、Betty Davisなど|連載3/4

Rensai

文: DIGLE編集部 

毎週更新のプレイリスト連載企画。iphoneで製作されたフルアルバム「#Room」を配信リリースしたブルースハープシンガーの大久保紅葉がセレクトしたプレイリスト『MOMIJI OHKUBO history』を4週に渡ってお届けします。

大久保紅葉が選ぶプレイリスト『MOMIJI OHKUBO history』

I’d Rathe Go Blind / Etta James

インタビュイー画像

大久保紅葉のセレクトポイント:

魂の塊です。凄く凄く悲しい曲なのに、こんなに張り上げてスタートするラブソングなんて、今の日本のラブソングでは考えられないですよね(笑)!!私自身もこの曲を歌う時、失恋してなくても感情がこもりすぎて泣きそうになってしまいますね。

If I’m In Luck I Might Get Picked Up / Betty Davis

インタビュイー画像

大久保紅葉のセレクトポイント:

大好きな声!歌い方!!曲もファンキーでロックで女性シンガーとしては珍しいですよね!
カッコいいの塊!!数年前に、たまたま見つけて、衝撃的でビビビッときて、どハマりしました!
彼女はMiles Davisの元奥さんで、Eric Clapton(エリック・クラプトン)の元カノだそうです(笑笑)。凄いところばかり。ジャケもカッコいいし、全部が最高だ!

It’s my soul / Mr.MOMIJI BAND

インタビュイー画像

大久保紅葉のセレクトポイント:

私が音楽復帰して最初に組んだ、Mr.MOMIJI BANDで作曲した曲!
始まりの声は当初18歳の、黒人のハーフで生まれながらの天性のグルーヴを持つDESiRE(Dr)の声から始まり、今をときめく売れっ子Saxプレイヤーの前田サラちゃんの弟Samuel(当初20歳)のFunkyベースで始まるこの曲!
そして、Rockなギタープレイヤーカホリのアプローチと若いながらGrooveマスター達で構成されていて、サポートとして、アルトサックス、テナーサックス、バリトンサックスで、前田サラちゃんと、かっこよ過ぎてにやけてしまうシンセキーボードに斉藤アリアさんを交えています!サラッと豪華で、大好きな曲です!

Bass-Rigged-System / Bootsy Collins

インタビュイー画像

大久保紅葉のセレクトポイント:

ファンキーサックスプレイヤーの前田サラちゃんに影響を受けて、Funkに触れるようになり、最初に掴まれたのがBootsy Collins(ブーツィ・コリンズ)!物凄いヘビーなビート!!たまらんです!!実はこれを聴きながらIt’s my soul作ってました(笑笑)!!

大久保紅葉セレクトプレイリスト

大久保紅葉 Profile

幼少の頃からブルースハープを吹き始め、Aretha Franklinやジャニスジョップリン、ジェームスコットンに憧れ、全国各地を大御所ミュージシャンなどと共演しながらドサ廻りを経験。
中学生の時に中高生ブルースバンドとしてメジャーデビュー。
しかし挫折を味わい、それでもブルースハープを吹き続けた。
彼女の存在感、ブルースハープテクニックが関係者の目にとまりmr.momiji band として、FUJIROCK FESTIVAL2018に出演。

彼女の武器はハスキーな歌声とブルースハープ。
ギターは弾かない。
ならどうするか?まわりのギタリストに「ちょっと弾いて!」と口でフレーズを歌い伝えその場でiphoneのマイクで録音して加工し楽曲に使う、ドラムのキック音が無ければ、瓶を床に打ち付けてiPhoneのボイスメモで録音する等 彼女のハングリーでロックなDIY 精神が宿ったトラックを天才的なブルースハープのテクニックで縫い上げる。

クラウドファンディング企画を立ち上げ、驚異の”190%達成”を果たし先行リード曲「Move on」MV公開。
12月25日にiphoneで製作された20曲フルアルバム「#Room」を配信リリース。国内のみならず海外も視野に入れ活動中。

■オフィシャルTwitter
https://twitter.com/iam_momiji914

■所属事務所
株式会社プラチナムミュージック&クリエイティブ
https://platinum-mac.com/

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる