西片梨帆が選ぶ『言葉に惹かれた曲』ベランダ、大森靖子など|連載1/4

Rensai

文: DIGLE編集部 

自身の新たなミニアルバム『彼女がいなければ孤独だった』というタイトルにかけて、シンガーソングライター・西片梨帆が、一人ぼっちで帰り道などに聴きたい曲をセレクトしたプレイリスト『言葉に惹かれた曲』を4週に渡ってお届けします。

西片梨帆が選ぶプレイリスト『言葉に惹かれた曲

インタビュイー画像

西片梨帆セレクトコメント:

ミニアルバムの彼女がいなければ孤独だったというタイトルにかけて、
一人ぼっちで帰り道などに聴きたい曲を選びました。
その中で、とくに好きな歌詞を載せました。

2017 / ベランダ

インタビュイー画像

西片梨帆セレクトコメント:

「すべての悲しみを 歌ではなく 涙に 
こんな穏やかな夜なのに どうして僕は泣いているんだろう」

展覧会の絵 / 大森靖子

インタビュイー画像

西片梨帆セレクトコメント:

「展覧会にかざる絵は これが私の人生だって 言うつもり
でも きみのはしっこに勝てない気がした 君のはしっこにさえ勝てない気がした」

あまこえにと / ともちゃん9さい

インタビュイー画像

西片梨帆セレクトコメント:

「雪が静かに降る日 誰かが 誰かのことを考えていた
東京にいても忘れていないんだ 誰かが誰かのことを考えているから涙が出るんだな」

海はビア / 西片梨帆

インタビュイー画像

西片梨帆セレクトコメント:

「煙草の煙 他人の話 悲しい あなた優しいから
完全な優しさ 近づかせない優しさ 傷つけてよ これじゃ 恋にすらならないよ」

西片梨帆セレクトプレイリスト

Release Info

西片梨帆『彼女がいなければ孤独だった』

2020年9月23日 発売
COCB-54301 ¥2,300+税

<収録曲>
1. 黒いエレキ
2. リリー
3. 片瀬
4. 嫉妬しろよ
5. 23:13
6. 元カノの成分

⻄⽚梨帆 Profile

2015年に梨帆としての活動を始め、初めて作った曲で「出れんの!?サマソニ」に応募し、SUMMER SONIC 2015のステージに立つ。

2017年わずか20歳で1st ミニアルバム「⾏けたら⾏くね」を全国リリース。

2019年活動名義を⻄⽚梨帆に変更し、ソングライティングだけでなく執筆活動やデザインなど、幅広く活動をしている。1月12日に⾃身の書いた小説と⾳源 1st ZINE「夜の液体」を発売し、チケットはソールドアウトとなる。前作の「元カノの成分」は97万回再⽣され、その後も楽曲「忘れる」の弾き語り映像がたくさんの⼈の目に留まるなどして注目を集めている。

2020年1月14日に下北沢MOSAiCで⾏われた単独公演「白昼夢」では、1ヶ月前にチケットがソールドアウトとなる。タワクル渋谷店限定e.p.「切り取った世界は、僕らのもの」では、2週間で200枚完売。楽曲以外にも、舞台の脚本を⼿がけたり、⾃身の書いた小説をZINEにして販売、貸切本屋⾳楽ライブの企画など、彼⼥独特の活動スタイルで異彩を放っている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

DIGLE編集部

編集部がオススメするニュース/イベント情報などを紹介、またイベント取材記事/コラムなどを不定期で配信。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる