『2018年を振り返る』arko lemming・有島コレスケセレクト 前野健太、Bruno Pernadasなど|12月連載2/3

arko lemming

文: Kou Ishimaru 

毎週更新のプレイリスト連載企画。12月は2018年を総括してトラックをセレクト。有島コレスケさんが『2018を振り返る』プレイリストで今年1年の振り返りを3週に渡ってお届けします。

arko lemmingこと有島コレスケが『2018年を振り返る』

ヒトコイシクテ、アイヲモトメテ / ドレスコーズ

インタビュイー画像

有島コレスケのセレクトポイント:

今年リリースされたエレファントカシマシのカヴァーアルバムにドレスコーズが参加。わたしはベースとコーラスを演奏したのですが、我ながら自分らしさ、スタイルをちゃんと出せた気がして、気に入っています。(他の楽曲でできていない、というわけではございません。)

Anywhere in Spacetime / Bruno Pernadas

インタビュイー画像

有島コレスケのセレクトポイント:

前回のプレイリストにも入れさせていただいたBruno Pernadas。satelliteシリーズのテーマの一つでもある宇宙的要素が、非常にBruno Pernadasと近い気がして、このタイトルといい、なかなかシンパシーを感じています。

山に囲まれても / 前野健太

インタビュイー画像

有島コレスケのセレクトポイント:

今年ドレスコーズとしてツアーを一緒に回らせていただいた前野健太さん。楽屋や打ち上げでは面白いおじさんだなーー、といった感じですが、やはり圧倒的な声と歌の良さですよね。バンドメンバーの方々の世界レベルの演奏で鳴らされたこの楽曲の凄まじさったらなかったですね。良いモン観た〜。

stop! / arko lemming

インタビュイー画像

有島コレスケのセレクトポイント:

今年の3月にリリースしたsatelliteシリーズの第一弾、『satellite-1』より。ブラジルのミナス音楽に影響されガットギターを導入し、コード進行などもそこからの影響を受けつつ、自分らしさとうまく混ぜられた曲だと思っています。最新アルバム『satellite-3』にはこの楽曲の元のアレンジであるバンドバージョンが入っておりますので是非そちらと聴き比べていただきたい。

night on the planet -quiet- / arko lemming

インタビュイー画像

有島コレスケのセレクトポイント:

同じく『satellite-1』収録の楽曲。こちらは-quiet-がついたインストバージョンですが、元のバージョンではボソボソとラップをしています。satelliteシリーズの新たな挑戦としてはインストを入れる、というのも一つありましたね。サンプラーを手打ちしてレコーディングしました。

毎週更新!有島コレスケ選曲プレイリスト




arko lemming Profile

全ての作詞作曲楽器演奏をこなすソロプロジェクトarko lemmingとして活動しつつ、ドレスコーズではギターやベース、0.8秒と衝撃。、らせん。バンドセット等々ではドラムで参加するなど色々枠を飛び越えて動きまわっている。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる