『2018年ベストトラック』Bearwear・Kazmaセレクト DYGL、Trophy Eyesなど|12月連載4/4

Bearwear

文: Kou Ishimaru 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。12月のテーマは『2018年ベストトラック』!Bearwearのメンバーが週替りにセレクト。ラストはVo&LyricのKazmaさんで締めくくります。

Bearwearが選ぶ『2018年ベストトラック』

Contrasting Colors / Speak Low If You Speak Love

インタビュイー画像

Kazmaのセレクトコメント:

今年のナンバーワン切ないソング。アメリカの現行ポップパンクバンドの頂点に立つState ChampsのベーシストであるRyanのソロプロジェクト、Speak Low If You Speak Love。この「Contrasting Colors」という曲は、1作目のアルバムを彷彿とさせるアコースティック一本での弾き語りから始まり、徐々にシンセ、ギター、ドラムと増えていきエモーショナルに昂ぶっていく。アコースティックアルバムだった1作目と、エレクトロなどダンサブルな要素が増えた2作目の橋渡し的な役割の名曲である。親日家としても知られる彼は、なんども旅行で来日し、日本語を学んだり、MVを日本で撮影したりしている超ナイスガイ。

Andy and I, Uh… (Revisited) / Free Throw

インタビュイー画像

Kazmaのセレクトコメント:

テネシー州ナッシュビルのエモバンドFree Throw。もともとは熱いシンガロングしたくなるエモで評判のバンドだったのだが、今年リリースしたのは自分たちの曲をゆったりインディー調に作り直したセルフカバーEP。5曲とも原曲とは打って変わって、チルで落ち着いた雰囲気になり、聞いた瞬間「これこそエモじゃん」と思わせるまさかの超名盤。そもそも内省的な歌詞が多かった彼らの曲は、このぐらいの暗いテンションで歌われた方が響く。そしてスポーツを絡めたバンド名を持つエモバンドはやっぱり良いんだなと再認識したのであった。

1999 / 羊文学

インタビュイー画像

Kazmaのセレクトコメント:

スリーピースロックバンド羊文学。今年は1stアルバムもリリースし一気に躍進した彼女たちが、年末に1曲リリースしたクリスマスシングル。みんなが今年のベストアルバムやベスト曲を考え始めるこの時期にこんな名曲がドロップされて大慌て。神聖でありながらポップでもあり切なくもある。ブラックミュージックの再流行と共にゴスペルっぽいコーラスを使うアーティストが増えていたが、こちらは対照的に賛美歌チックな聖なるコーラスワークだ。夏にリリースしたばかりの1stアルバムとこのシングルで、国内ガールズボーカルロックバンドの土俵を次のステップへ進めるネクストレベルシット。

Bad Kicks / DYGL

インタビュイー画像

Kazmaのセレクトコメント:

以前から海外で精力的に活動しているDYGL。最近は国内での公演を発表してはすぐソールドしてしまうほどのバンドになってしまった。国内インディロックバンドをリードして行く存在になるんだなと前作を聞いて誰もが感じたはず。「若いのに円熟した作品だなあ、これから安定していくんだろうなあ」なんて感じていた時にリリースされたのはこのシングル。このタイミングでまさかのバチバチなパンクナンバーを食らわされる衝撃。UKでレコーディングされたサウンドやMVの映像など、どこを切り取って見ても彼らが作り上げる理想のかっこよさを体感できる。

Friday Forever / Trophy Eyes

インタビュイー画像

Kazmaのセレクトコメント:

もともとはメロディックハードコア/ポップパンクなバンドだったオーストラリアのTrophy Eyes。2016年にリリースしたアルバム『Chemical Miracle』で突如オルタナ/インディーパンクに踏み込むサウンドに方向転換した時は衝撃を受けたが、今年リリースしたこのアルバムでさらに進化を遂げた。アグレッシブに叫ぶボーカルをいい具合に残しつつ、スタジアムロックなのでは?と思ってしまうほどのキャッチーでメロディアスなアンセムソングまみれ。オーストラリアの国民的バンドに成り上がった。

毎週水曜更新!Bearwearの『2018年ベストトラック』

Bearwearの連載一覧はこちら




10月24日ミニアルバム『DREAMING IN.』リリース

10/24にミニアルバム“DREAMING IN.”をリリースしました。

Bearwear『DREAMING IN.』

2018年10月24日(水)リリース
01. Intro
02. I’ll take you anywhere
03. Proxy
04. e.g.
05. Free Fall
06. In The Wood
07. May

Bearwear Profile

Bearwearは2016年に Kazma(Lyric/Vo)、kou(Music/Arrange/Ba)の2人を中心に結成されたインディエモバンド。サポート含めフレキシブルな体制で活動をしている。

2018年春にリリースしたシングル「e.g.」がネット上のインディ・ファンの間で注目を浴びると、すぐにネット・レーベル Ano(t)raks のコンピレーション1曲目に選曲されるなど話題を呼んでいる。夏には「Dead Funny Records」と契約を交わし、過去作のシングルをデジタル・リリース。10月には初の流通作品『DREAMING IN.』をリリースしました。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる