大比良瑞希選曲の優しいバラードプレイリスト『“甘い涙”の秋』Sabrina Claudio、Nai Palmなど | 11月連載5/5

大比良瑞希

文: Asahi 

毎回セレクターがDIGった(=選んだ)楽曲をコメントと共に紹介する、毎週更新のプレイリスト連載企画。11月はフリーテーマで選曲してもらっています。シンガーソングライター、トラックメイカーとして活躍する大比良瑞希さんは「“甘い涙”の秋」をテーマに、少し寒くなってきたこの季節に聴きたくなる優しいバラードを選んでくれました。

大比良瑞希セレクト「“甘い涙”の秋」の曲

Tell Me / Sabrina Claudio


インタビュイー画像

大比良瑞希セレクトコメント:

最初に知った時は、YouTubeに自撮りの弾き語りカバー映像を沢山あげている人だった。とにかく可愛くて、歌も妖艶で、部屋も服も素敵で、これは只者じゃないなぁと思っていたら束の間、その後リリースした音源がやっぱりすごく良くて、一瞬で遠くの人になった感覚すら、勝手に抱いちゃった。歌い方が特徴的だからカバーも良かったのだけど、この曲のサビを歌詞のないフェイクメロみたいにしているのもかっこいいんだよね。

Everybody’s Gotta Learn Sometime / Jimmy Jørgensen


インタビュイー画像

大比良瑞希セレクトコメント:

映画「エターナル・サンシャイン」を観た時、この曲が沁みて沁みて仕方なかった。映画とも相まって。しかもBECKなんだ!と思って調べてみたら、カバーなんだよね。残念ながらサブスクにBECKバージョンはあがっていなくて、YouTubeで聞くしかない。でもいろんな人が歌っていて、聴き比べていたらこの人が一番はまった。作曲はJames Warrenという方のようなのだけど、原曲を聴いたらオペラのようで、最初にBECKが雰囲気を変えてカバーしたとしたら流石だなと思いながら、メロディの持つ強さは何にも勝ると思わされる1曲。

Have You Ever Been (To Electric Ladyland) / Nai Palm


インタビュイー画像

大比良瑞希セレクトコメント:

ハイエイタス・カイヨーテのボーカル、ネイパームのソロアルバム1枚目。今年3月20日に渋谷WWW Xに来日すると聞いたとき、マストで行きたかったのだけれど、惜しくも私は同じ3/20に地下の渋谷WWWで「tofubeats × 大比良瑞希」 2マンライブの日で行けなかった…。でも同じビルにいて、お互いライブをしているっと思ったら嬉しくなった。エレキギターと声の重なりだけで、こんなに楽しめるとは…。グルーヴも深くて気持ち良すぎる。ちょっとコアだけど、たまらないアルバムです。

Men In A War / Suzanne Vega


インタビュイー画像

大比良瑞希セレクトコメント:

スザンヌヴェガ。誰もが名前からもう好きになるよね? そんな名前のお洒落さを超えて、ストレートに入ってくる、NYフォーク・ロック。どこかヴェルヴェットアンダーグラウンドの匂いがするような。涙を払って、“私は私で生きるもん”って感じが好きだな。

Now At Last / Blossom Dearie


インタビュイー画像

大比良瑞希セレクトコメント:

Feistがカバーするこの曲を最初に聴いて、ブロッサムディアリーを聴くようになった。心落ち着く、湿度ある歌声に包まれれば、生き急ぐ気持ちも自然におさまってくる。
全然関係ないけど、この曲を聞いた後は、ビョークが歌う「Llike someone in love」が聴きたくなるんだよなぁ。


毎週更新!大比良瑞希選曲プレイリスト





大比良瑞希の連載一覧はこちら


大比良瑞希 Profile

東京出身のシンガーソングライター、トラックメイカー 。
作曲家/チェリストの伊藤修平をプロデュースに迎え、2015年ミニアルバム「LIP NOISE」のリリースでソロ活動をスタート。
2016年アルバム「TRUE ROMANCE」をリリース。2017年8月より3ヶ月連続シングルのデジタルリリースを発表。
スモーキーな歌声と、エレキギターを爪引きながら歌うスタイルは、明るくも物憂げな唯一無二の世界観を包み込み、ソウルフルかつオルタナロックに、新時代の歌謡曲を紡ぐ。
FUJI ROCK FESTIVALのほか、SOMMERSONIC、りんご音楽祭、音泉温楽などフェスへの出演も多数。
歌とギターのほか、企業CMへの楽曲提供や様々なアーティストのサポートワークでも注目を
集めている。コーラスワークでは過去にtofubeatsやLucky Tapes、Alfred BeachSandal×STUTS、Awesome City Clubなど多数の作品に参加。

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Asahi

世界中の全てのアートを愛しています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

閉じる