しなまゆ

しなまゆ・モリユイ選曲プレイリスト『別れ』クリープハイプ、槇原敬之など|3月連載3/4

しなまゆ

文: Kou Ishimaru 

毎週更新のプレイリスト連載企画。3月のテーマは『別れ』。しなまゆのメンバー、モリユイがセレクトしたプレイリストを今月4週に渡ってお届けします。

しなまゆ選曲プレイリスト『別れ』

心の旅 / チューリップ


インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

CMとかでサビは聴いたことあるけど、ちゃんと聴いた事がないという人も割といるのではないだろうか。いきなりサビで始まって、「ああ だから今夜だけは」って歌い出しなのってよく考えたらすごいですよね。明日には汽車に乗って行く、「だから」の部分が頭にきてる。でももうこれ以外、これ以上の歌詞ってないんだろうなあ。

ねえ、アリス / 長澤知之


インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

夜に絵本の読み聞かせをしてもらったり、どうしても寂しくて不安な夜、ベッドの中で握ってもらっていた手の優しさに似ている。何かを手放すことや、新しく踏み出すことはいつも痛みを伴うけれど、こうやって誰かが歌を歌ってくれる。それをいつでも持ち出して聴くことができる。こんなに心強い事があるだろうかと思えるような、そんな一曲。

愛の標識 / クリープハイプ


インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

この曲は多分、イントロのギターから歌い終える最後まで全部サビ。クリープハイプの曲から滲み出る「苛立ち」と「切なさ」の両立みたいな感覚がすごく好きなんだけれど、この曲もスピード感とギターのジャカジャカの中に苛立ちが漂っていて、だけど歌だけになる部分ではハッとするような心の切なさがむき出しになっていて何回聴いても飽きない。

遠く遠く / 槇原敬之


インタビュイー画像

モリユイのセレクトポイント:

まるでショートストーリーを見ているような描写で、景色の輪郭がはっきりしているから共感できる。別々の道に進むことになっても、なかなか会えない距離になっても心の支えになるのはやっぱり大切仲間との思い出だったりする。そんな人たちのことを改めて愛しく感じる事ができる一曲。


毎週更新!しなまゆセレクトプレイリスト



しなまゆの連載一覧はこちら

しなまゆ Profile

仲良しメンバーで結成された立川出身のポップロックバンド「しなまゆ」
女の子のココロをくすぐるポップな世界観を表現した、モリユイ(Voc.)の独特の感性から生み出される歌詞と、卓越したパフォーマンスが評判。
ラジオ番組で培われた、モリユイのSキャラ トークにGt. タクマのMキャラとBassウエノハラの和みキャラが微妙に絡み合って、クセになってしまうと話題 !!

INFORMATION

KNOCKOUT FES 2019 spring

会場:東京・下北沢10会場
日時:2019年4月7日(日)
内容:下北沢のライブハウス10会場による往来自由イベント

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

Kou Ishimaru

1996年生まれ。インディロックが好きです。Bearwearのコンポーザー/ベース、Haikiのベースもしています。

Webサイト

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

しなまゆ
閉じる