Walkings選曲プレイリスト『ロックンロール進化図』Chuck Berry、Jimmie Rodgersなど|11月連載2/4

Walkings

文: 斎藤加織 

毎週更新のプレイリスト連載企画。11月はフリーテーマ。Walkingsが作成したプレイリストタイトルは『ロックンロール進化図』。ボーカルである高田風がロックンロールの進化の過程をプレイリストでご紹介。4週にわたりお届けしていきます。

Walkingsセレクト『ロックンロール進化図』

Johnny B. Goode / Chuck Berry

インタビュイー画像

高田風コメント:

ロックンロールをお茶の間まで届けたのがチャックベリーと言えるかもしれない。
自分は子供の頃観た『バック・トゥ・ザ・フューチャー』の中で未来から来た主人公のマーフィーがチャックベリーの曲を演奏したシーンが印象に残っていて、彼の手によってロックンロールが突然発明されて演奏されたというイメージがあった。

School Day(Ring Ring Goes The Bell) / Chuck Berry

インタビュイー画像

高田風コメント:

彼の何が発明的かと言うと、いままでブルーズの曲では伝統とされて来た常套句の一切を排除したこと。(wake up this morningとかそういうやつ)その代わりに彼は「School Day」の曲の歌詞で分かる通り、10代の気持ちを歌ったのだ。そういったブルーズへの裏切りがあったからこそ、ロックンロールをお茶の間まで届ける結果に繋がったのだと思う。

Peach Picking Time In Georgia / Jimmie Rodgers

インタビュイー画像

高田風コメント:

カントリー音楽の父と言われているJimmie Rodgersの楽曲。アコースティックギターのシンプルなコードストロークが白人ロックンロールに混ざっているのは、こういうところから来ているのではないだろうか。黒人ロックンロールにはコードストロークプレイはみられない。

In the Jailhouse Now / Jimmie Rodgers

インタビュイー画像

高田風コメント:

エルビスの有名曲、「Jailhouse Rock」のアイディアの元になっていると思われる楽曲。ロックンロールが白人の手に渡ったときに、どこか黒人のものとは違う要素を感じるのは白人カルチャーであったカントリーミュージックの要素が混ざっているからだと考えられる。

Walkings高田風による「ロックンロール進化図」プレイリストは毎週更新

Walkingsの連載記事一覧はこちら



Walkings Profile

2012年結成。
Guitar/Vocal高田風、Bass吉田隼人、Drum高梨 貴志による3人組ロックバンド。
自主企画イベント「全時代ロック」を定期的に行いながら都内のライブハウスを中心に活動。

2015年<FUJI ROCK FESTIVAL>「Rookie A Go-Go」出演。

2016年3月、P-VINEより1stアルバム『穴』を全国リリース。現在のバンドメンバーが固定し、5月以降、渋谷、新宿にて活 発な路上ギグを行う。その数推定200ギグ。

2017年<SXSW2017>出演決定。ツアー渡航費+ドキュメンタリー映画制作のクラウドファンディングで137万を集め、全米ツアー決行。16日間で計15本のギグを敢行。2017年9月8日、ドキュメンタリー映画を上映したに渋谷アップリンクはソ ールドアウト。

その後もタイツアー、台湾のロックフェス<URBAN NOMAD 2018>に出演するなど海外からのオファーは絶えない。

2018年5月9日に自主レーベルmaruzen recordより2ndアルバム『tomodachi』リリース。リリースに伴い下北沢GARDENにてワンマンライブを行い会場は満員になった。
現在は下北沢を中心に活動し、国内のライブに加え、海外進出も精力的に行う。

—Influenced by…
Jimi Hendrix/ledzeppelin/Beatles/White Strips/Booker T and mgs/ Funkadelick/Bessie Smith/Best of trip hop/Son House/Vulf Peck


7inch Single “I'm Ocean” 発売中

一度もデジタルを通さず、レコーディングからミックスまで全行程を完全アナログで完結させたアナログレコード発売中。

7inch Single “I’m Ocean”

1.I’m Ocean
2.Japotalick

2018年度作品
全2曲収録 ¥1,620(税抜)

オンラインでのご購入はこちら

SNSで記事をシェア

この記事を作った人

WRITER

斎藤加織

ライター。音楽と映画と食べることが好き。音楽記事を書いたり、イベントスタッフをしたり色々しています。

SNSフォローで
最新カルチャー情報をゲット!

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

NEWAVE ARTIST

編集部が推すネクストブレイクアーティスト

光の先へ。SPARTAが見据える理想の景色 | Newave Japan #56

PLAYLIST CHART

毎日更新の人気楽曲ランキング

閉じる