人工知能が見る海の夢?Utaeが追い求める「ロマン」とは | Music DNA #016

それぞれの音楽ライフを掘り下げるインタビュー企画『Music DNA』。16回目の今回はドリームポップ、エレクトロニカといった国内の電子音楽シーンで注目されている宅録アーティストUtae。作曲家、モデルなど多方面で活躍している彼女の独特な世界観が生まれた背景や、これまでの音楽ライフに迫りました。

転校を繰り返した学生時代と、音楽との出会い。

ーまずは、音楽の原体験について教えていただけますか?

『冷静と情熱のあいだ』という映画の予告編に使われていたエンヤの「Book of Days」という曲が音楽の原体験になっています。小学校2年生の時にたまたまテレビで流れていて、両親にCDを買ってもらいました。多重録音で声がたくさん重なっていて、異国情緒あふれる壮大な世界観に衝撃を受けましたね。

ーエンヤ好きの小学2年生ですか。なかなか個性的ですね。

私は引っ越しが多い環境で育ったので、1人でいる時間が好きだったんです。生まれが茨城で、小学校から中学校までは大阪、東京、福岡で過ごしました。高校3年間は長崎にいたので、1つの場所で長く暮らしたり、同じ人とずっと一緒にいる経験があまりなくて。自然と自分自身で楽しみを見つける癖がつきました。

たとえば、家に家族がいない時に爆音で音楽をかけたり、踊ったり。エンヤを聴くとどこか遠くの世界に連れていってもらえる気がしたので、楽しかったんですよね。

ー何度も転校を経験するのは寂しい思いをすることも多かったのでは?

クラスメイトとの別れは毎回寂しかったですが、知らない土地で新しい友達ができることにワクワクもしていたので、意外となんとかなりましたね。

ただ、私は協調性がないので、いわゆる女子の派閥のような複雑な人間関係からは距離を置いていました。人からどう思われるかを気にしない性格なのが良かったのかなと思います。学生生活は普通に楽しかったですよ。

ーエンヤ以外ではどのような音楽を聴いていましたか?

小学生の頃は80年代の曲にハマっていました。両親が『FINE』というオムニバスCDを買ってくれて、a-haの「Take On Me」をよく聴いていました。

また、私には姉がいるのですが、当時ダンス部に入っていた姉がダンス用の洋楽をたくさん聴いていたので、洋楽に興味を持つようになりました。中でもEnigmaの「Return To Innocence」は壮大な雰囲気がエンヤに通じるものがあったので好きでした。

ニューエイジ・ミュージックなどのエレクトロニックな音楽だけではなく、J-POPやJ-ROCKも聴いていました。YUIミドリ神聖かまってちゃんサカナクションとか。激しいロックな曲が好きでしたね。

ー幅広く音楽を聴かれていたんですね。思い出深いアーティストはいますか?

長崎で過ごした高校生の頃に聴いていたレイ・ハラカミさん、LEO今井さんは思い出深いですね。

高校ではデザインを専攻していて、PCで作品制作をしていました。暇な時はネットでひたすら音楽を掘っていて、Wikipediaのサカナクションのページにレイ・ハラカミさんのことが書かれていて、音源を聴いてみたんですが、衝撃を受けました。独特で繊細な音なのに、奥行きのある世界を感じられることがすごいと思って。当時は「わすれもの」「あさげ」「ゆうげ」をよく聴いていました。

また、高校生の頃は1人暮らしをしながら学校に通っていたのですが、LEO今井さんの「Lemon Moon」や「Tokyo Lights」を聴くと、下宿先の周りの道や通学路の途中にあったバス停の景色を思い出しますね。

高校卒業後に進学した音楽の専門学校では、ノイズミュージックに出会いました。今私をプロデュースしていただいている方が当時の先生で、AutechreOvalなどのアーティストを生徒に紹介していたのですが、それまで流行りの曲を聴いていた生徒にとって未知のジャンルだったので、先生はカリスマ的存在でしたね。私もmoshimossさんやN-qiaさん、I Am Robot And Proudなどのエレクトロニカ系のアーティストをよく聴いていました。

utae1

次ページ:これまでは、実験。今後は納得のいく曲作りを。

SNSで記事をシェア

SNSフォローで
最新プレイリスト情報をゲット!

DIGLE登録で音楽生活をさらに楽しく!

詳しくDIGLEについて見る
詳しくDIGLEについて見る

この記事を作った人

WRITER

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

Webサイト

PHOTOGRAPHER

碧遥南

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

Webサイト

AUTHOR

Photographer

碧遥南

パンク、ブラック、ロックが好きな大阪出身のエモグラファー。「愛が見える写真」、「音が聞こえる写真」を撮ります。もっと色んな写真を見たいなと思ったらWEBサイトも覗いてなー!お仕事のご相談もお気軽に!

website

Writer

スギタヨウヘイ

1990年生まれのライター。文章を書いたり、写真を撮ったりしています。

website

RELATED ARTICLE

Interview

23歳プロデューサー/ギタリスト・Shin Sakiuraが音楽から繋がった世界 | Music DNA #017

Interview

良いメロディーはジャンルレスに取り入れる。FOUR GET ME A NOTSのあくなき探究心|Music DNA #002

Interview

エレクトロニカ・アーティストからロックバンド結成へ。カキモトナオが作る音楽の入り口 | Music DNA #018

Interview

Tonydotさん思い出の1曲「Beyonce/Single Ladies(Put a Ring on It)」|Music Episode #004

Interview

安住麻里さん思い出の1曲「Hal/六階の少女」|Music Episode #001

Interview

現実と非現実の交差点。メタポッププロジェクト・Frascoの誕生とシンバム戦略とは | Music DNA#23

RELATED PLAYLIST

記事関連プレイリスト

PLAYLIST
CLOSE
ボーカル、作詞、作曲、トラックメイキングをすべて自ら担当している。2016年3月、デビューEP「toi toi toi」、同年6月、EP「Night Walk」、シングル「チェンダソング」を同時リリース。2017年、クリエーター集団によるコンピレーション「ArtLism.JP vol.7」にも参加。他にもモデル、DJと多方面でマルチに活動中。
閉じる